NEW

JRA【阪神牝馬S(G2)予想】アカイトリノムスメ&ジェラルディーナは消去! データから見えた「激走必至の穴馬」をピックアップ!

JRA【阪神牝馬S(G2)予想】アカイトリノムスメ&ジェラルディーナは消去! データから見えた「激走必至の穴馬」をピックアップ!の画像1

 今回はヴィクトリアマイル(G1)の前哨戦となる牝馬限定のマイル戦、阪神牝馬S(G2)を予想していく。

 先週だが、まずダービー卿CT(G3)は1着から3着までかすりもしない、我ながら見事な大ハズレ。5着、6着、8着に予想した馬が来ていたが、それでは意味がないのである。

 大阪杯(G1)は3着にアリーヴォが来てくれたが、1着ポタジェ、2着はまたしてもやられたレイパパレでハズレ。4着、5着に予想した馬が来たが、やはり意味がない。そしてポタジェは前走金鯱賞(G2)で大敗していたわけでもなく、普通に買えた馬だった。よくよく検討が必要と反省……。

 では予想に戻ろう。

いつものように過去10年馬券に絡んだ30頭の前走データを見ていく。
京都牝馬S 9頭
東京新聞杯、うずしおS(3勝クラス) 各3頭
有馬記念、愛知杯 各2頭
ジャパンC、阪神C、阪急杯、京都金杯、中山牝馬S 各1頭
条件特別(3勝クラス) 4頭
オープン特別 2頭
となっている。距離は1ハロン短いが中6週という適度な間隔が空くこともあってか、同じ牝馬限定戦の京都牝馬S(G3)からの転戦馬が多い。G2戦ではあるが、前走条件戦も意外にいるので、注意が必要か。

続いて人気順の成績を見てみよう。
1番人気 3-1-1-5
2番人気 3-2-0-5
3番人気 0-2-1-7
4~6番人気 3-2-3-22
7~9番人気 0-1-4-25
10番人気以下 1-2-1-53
となっている。1番人気と2番人気はそれなりに信用しても良さそうだが、3番人気は要注意。やはり中穴クラスの馬が中心になるか。10番人気以下は、率では大した数字ではないが、単純に馬券になった頭数では侮れない。近5年で見ても18年、19年、20年と3年連続で11番人気や12番人気が割って入って馬券になっている。


 これらを踏まえて「◎」は、人気どころではあるが2番アンドヴァラナウトとする。

 前走は愛知杯(G3)。1番人気を背負って好位追走の競馬をするが、まったく見せ場なく11着に大敗している。

 これについては秋華賞(G1)からの休養明けで、プラス16kgと明らかな太め残り。このレースではプラス2ケタ増の馬がほかにも数頭いたが、軒並み馬券圏外に大敗している。敗因が仕上げにあったことは明白だ。

 この馬は昨年4月の未勝利戦で勝ち上がり、その後1勝クラスで足踏みするも2戦で脱出。その勢いでローズS(G2)を勝利して、本番の秋華賞では3着と好走してみせた実力派。馬券圏外に飛んだのは前走が初めてという堅実な走りをしてきたので、前走を度外視するならここでも好勝負は期待していいだろう。

 加えて、このレースは4歳馬が6勝2着8回と断然の成績を収めている。それを加味すると本命に推せるだけの要素は揃っていると言える。

JRA【阪神牝馬S(G2)予想】アカイトリノムスメ&ジェラルディーナは消去! データから見えた「激走必至の穴馬」をピックアップ!のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合