NEW

JRAゴールドシップ&タマモクロスで「阪神競馬場◎」!? 桜花賞(G1)ではなくオークス(G1)へ「元気娘」が出世レースで“切符”を狙う

【この記事のキーワード】, ,

JRAゴールドシップ×タマモクロスで「阪神競馬場◎」!? 桜花賞(G1)ではなくオークス(G1)へ「元気娘」が出世レースで切符を狙うの画像1

 4月10日、阪神競馬場では忘れな草賞(L)が行われる。同日・同競馬場で行われる牝馬クラシック第1戦、桜花賞(G1)に注目が集まるが、こちらもオークス(G1)に向けて賞金加算を目論む馬が集まる重要な競走である。

 急坂を2度越える阪神2000mは、この時期の牝馬にとっては非常にタフな舞台。こうした2ターンの消耗戦でこそ力を発揮しそうなのがシーグラス(牝3歳、美浦・武藤善則厩舎)である。

 昨秋のデビューから3戦は東京競馬場で使われていたが、全く結果を残せず。しかし年明けに小倉の未勝利戦で2着に好走。するとその後は中1週で未勝利戦、あすなろ賞(1勝クラス)を連勝。輸送の無い小倉滞在だったとはいえ、1か月で3戦という厳しいローテーションを苦にせず勝ち上がってきた。

 今回は初の阪神競馬場への対応がカギになるが、コーナー4つの小倉2000mへの条件替わりで一変したことを考えれば、同じ右回りの阪神コースも問題ないだろう。また、前走のあすなろ賞では馬場が渋る中で、3角からの「超ロングスパート」で勝利。スタミナに関しても非凡なものを持ち合わせており、2度の急坂も苦にしないはずだ。

 シーグラスは父ゴールドシップ、父母父メジロマックイーン、母母父タマモクロスと阪神競馬場で活躍した名馬が名を連ねている。この3頭で宝塚記念(G1)を4勝しており、今回の阪神・内回りへの適性が受け継がれていると考えれば、シーグラスの好走にも期待が持てる。

 また、忘れな草賞と同じ阪神2000mで行われた先週の大阪杯(G1)では、全5勝を小倉で挙げていたアリーヴォが単勝7番人気ながら3着に好走。小倉と現在の阪神で問われる能力が類似しているとすれば、アリーヴォ同様に小倉で実績を積んできたシーグラスも力を発揮できるだろう。

 賞金的には桜花賞にも抽選の必要なく出走可能であったが、陣営は桜花賞へは登録すらせずに忘れな草賞を選択。ここで堅実に賞金を加算して、より適性が向きそうなオークス、秋華賞(G1)への出走を確実にする算段と思われる。

 実は忘れな草賞は、近年ではミッキークイーンやラヴズオンリーユーといったオークス馬を出している「出世レース」である。シーグラスが順当にここをクリアするようならば、今後のG1戦線での活躍も楽しみになってくる。

 大人気競馬アプリ『ウマ娘 プリティーダービー』(Cygames)にも登場する名だたる名馬たちから受け継いでいそうな阪神適性。スキル「阪神◎」の発動が期待できる今回、シーグラスのポテンシャルアップに期待したい。

(文=エビせんべい佐藤)

<著者プロフィール>

98年生まれの現役大学院生。競馬好きの父の影響を受け、幼いころから某有名血統予想家の本を読んで育った。幸か不幸か、進学先の近くに競馬場があり、勉強そっちのけで競馬に没頭。当然のごとく留年した。現在は心を入れ替え、勉強も競馬も全力投球。いつの日か馬を買うのが夢。

JRAゴールドシップ&タマモクロスで「阪神競馬場◎」!? 桜花賞(G1)ではなくオークス(G1)へ「元気娘」が出世レースで“切符”を狙うのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合