NEW

JRA「未完の大器」プログノーシスが3連勝で宝塚記念(G1)も視野!? 川田将雅「まだまだ」も“異次元の末脚”で先週・大阪杯のタイム上回る

【この記事のキーワード】, ,

JRA「未完の大器」プログノーシスが3連勝で宝塚記念(G1)も視野!? 川田将雅「まだまだ」も異次元の末脚で先週・大阪杯のタイム上回るの画像1

 9日、阪神競馬場で行われた京橋S(3勝クラス)は、圧倒的1番人気のプログノーシス(牡4歳、栗東・中内田充正厩舎)が勝利。遅れた来た大物が、3連勝でオープン入りを果たした。

 未完の大器の2022年が開幕した。

 11頭立て、芝2000mのレース。課題のスタートこそ、またも出遅れとなってしまったが、ピンチらしいピンチはそこだけだった。最後方から2頭目の競馬となったプログノーシスだが、最後の直線を迎えてもまだ後方2番手。しかし、鞍上の川田将雅騎手に大外へ持ち出されると、そこから自慢の末脚が爆発。あっという間に馬群を飲み込み、最後は2着に1馬身差をつけて悠々ゴールした。

「力が違いました。今の阪神は芝コンディションが良好で、この日も内目で前に行った馬が有利な状況。さらには直線の短い内回りコースと、出遅れたプログノーシスには不利な状況が揃っていたのですが……。まったく問題なかったですね。

ちなみに上がり3ハロン33.1秒は、第2位の33.7秒に0.6秒差をつける断トツ1位。まさに『異次元の末脚』と言える破壊力でした。川田騎手もしっかり追ったという程度、見た目はまさに調教代わり。底知れないスケールを感じさせる馬で、今後はさらに注目が集まりそうです」(競馬記者)

 記者がここまで絶賛するのも当然か。ここまで5戦4勝、唯一敗れたのは昨年の毎日杯(G3)の3着だが、勝ったのはその年のダービー馬シャフリヤールであり、2着もダービー4着馬グレートマジシャンだった。

 さらに休養を挟んでの1勝クラスでは、後にローズS(G2)を勝って秋華賞(G1)でも3着するアンドヴァラナウトに3馬身差の圧勝。前走の武田尾特別(2勝クラス)でも上がり3ハロン32.8秒という絶品の切れ味で楽勝している。

JRA「未完の大器」プログノーシスが3連勝で宝塚記念(G1)も視野!? 川田将雅「まだまだ」も異次元の末脚で先週・大阪杯のタイム上回るの画像2
川田将雅騎手

「レース後ですが、川田騎手は『道中も直線も全体的に走りができてない』と辛口でしたね。確かにスタートや、最後の直線でもまだ幼さを感じる走りでしたが、これは当然、陣営がこの馬と目指しているステージが高い場所にあるためでしょう。

ここまでじっくり成長を促しながら使われてきた馬なので、本格化はまだ先でしょうが、次はいよいよ重賞挑戦となってもおかしくない器だと思います。少し気が早いですが、もし連勝を伸ばすようなら、6月の宝塚記念(G1)も視野に入ってくるかもしれませんね」(同)

「『まだまだ時間が必要かな』と感じる内容でした。また改めて、ですね」

 レース後、川田騎手からさらなる成長を期待されたプログノーシス。ちなみに勝ち時計の1:58.3は、同舞台で行われた先週の大阪杯(G1)より0.1秒速い。果たして、未完の大器はどこまで大きく育つのか。エフフォーリア世代の遅れてきた大物が、いよいよトップクラスに殴り込みをかける。

(文=大村克之)

<著者プロフィール>
 稀代の逃亡者サイレンススズカに感銘を受け、競馬の世界にのめり込む。武豊騎手の逃げ馬がいれば、人気度外視で馬券購入。好きな馬は当然キタサンブラック、エイシンヒカリ、渋いところでトウケイヘイロー。週末36レース参加の皆勤賞を続けてきたが、最近は「ウマ娘」に入れ込んで失速気味の編集部所属ライター。

JRA「未完の大器」プログノーシスが3連勝で宝塚記念(G1)も視野!? 川田将雅「まだまだ」も“異次元の末脚”で先週・大阪杯のタイム上回るのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合