NEW

JRA【皐月賞(G1)展望】「2歳王者」ドウデュース&キラーアビリティVS「大器」イクイノックスVS「緊急参戦」ダノンベルーガ! クラシック開幕戦「4強」ついに激突!

【この記事のキーワード】, ,
JRA【皐月賞(G1)展望】「2歳王者」ドウデュース&キラーアビリティVS「大器」イクイノックスVS「緊急参戦」ダノンベルーガ! クラシック開幕戦「4強」ついに激突!の画像1
ドウデュース 撮影:Ruriko.I

 17日、中山競馬場では第82回皐月賞(G1)が行われる。21頭がエントリーした今年は、2年ぶりにフルゲート18頭による戦いが見られそうだ。

 混戦ムードが漂う今年の牡馬クラシック第1弾だが、実績面でアドバンテージがあるのは昨年暮れに2歳G1を勝利した2頭だ。

 1頭目は、デビューから無傷の3連勝で朝日杯FS(G1)を制したドウデュース(牡3歳、栗東・友道康夫厩舎)である。

 昨年9月の2歳新馬(小倉芝1800m)、続くアイビーS(L)をどちらもクビ差で勝利。好位追走から直線で押し切る強い内容で、若駒らしからぬレースセンスの高さをうかがわせた。

 それを最高の形で証明したのが、昨年12月の2歳マイル王決定戦だった。“2強”を形成したセリフォスとジオグリフから少し離された3番人気だったドウデュース。過去2戦よりもやや後方の位置取りで、中団からレースを進めた。直線で先にセリフォスが抜け出したが、そのすぐ外を鋭く伸びたのが武豊騎手のドウデュースだった。

 残り200mを切ったところでセリフォスと馬体を併せ、2頭による一騎打ちとなったが、最後はドウデュースが半馬身前に出てゴールイン。武騎手は同レース22度目の騎乗で待望の初勝利を飾った。

 ここ数年、賞金を満たした馬は皐月賞に直行するローテーションが主流になっているが、ドウデュース陣営は弥生賞ディープインパクト記念(G2)からの始動を選択。400mの距離延長がやや不安視されたが、2歳マイル王としては落とせない一戦だった。

 道中は中団の前目を追走。休み明けとしてはリズム良く走っているように見えたが、3コーナーでロジハービンが外を一気に進出したあおりを受け、ポジションを下げてしまう。その後、立て直しを図り、直線でアスクビクターモアを猛追したがクビ差捉えきれず、初黒星を喫した。

 前走後は在厩で調整され、2週前に栗東CWで6ハロン82秒8-11秒1をマーク。1週前には武騎手が跨り、同コースで82秒2-11秒2。3頭併せで最先着を果たして『スポニチ』の取材に「しゃべることないわ」と武騎手。その言葉通り、言うことなしの動きを披露し、最終追い切りを残すのみとなっている。

 武騎手はこれまで皐月賞を3勝(1993年、2000年、05年)しているが、ディープインパクトとのコンビで制して以降は13連敗中。馬券圏内も3着が2回とやや苦戦を強いられている。ドウデュースとのコンビで17年前の“衝撃”を呼び起こせるか。

JRA【皐月賞(G1)展望】「2歳王者」ドウデュース&キラーアビリティVS「大器」イクイノックスVS「緊急参戦」ダノンベルーガ! クラシック開幕戦「4強」ついに激突!の画像2
キラーアビリティ

 もう1頭は昨年のホープフルS(G1)を勝ったキラーアビリティ(牡3歳、栗東・斉藤崇史厩舎)だ。

 昨年6月のデビュー戦で5着に敗れたときは、G1馬になるとは誰も思わなかっただろう。ところが1度使われて、ガラリ一変した。夏の小倉で迎えた芝2000m の2戦目を2歳コースレコードとなる1分59秒5で快勝。同日行われた3歳以上2勝クラスの勝ちタイムを0秒1上回る優秀なものだった。

 3戦目は阪神で行われた萩S(L)で確勝を期したが、ダノンスコーピオンとの追い比べに敗れ2着。賞金加算もできず、手痛い敗戦となった。

 そして横山武史騎手との新コンビで迎えたホープフルSは3戦1勝という戦績ながら、2戦2勝のコマンドラインと人気を二分。最終的に3.1倍の2番人気に推されると、道中3番手の好位から2着に1馬身半差をつける完勝でG1馬に上り詰めた。

 その後はノーザンファームしがらきでのリフレッシュ放牧を経て、3月中旬に栗東に帰厩。前哨戦を挟まず直行で戴冠を狙う。

 1週前追い切りでは3頭併せで負荷をかけ、6ハロン81秒7-11秒4をマーク。ただし僚馬にクビ差後れを取ったことに加え、跨った横山武騎手は、動き自体は褒めつつも、折り合いの難しさなど課題も挙げていた。

 この春のG1シリーズは1番人気を2度裏切るなど、調子が今一つ上がらない横山武騎手。昨年、自身がG1初勝利を飾った舞台で輝きを取り戻せるか。

 2歳チャンピオンのドウデュースとキラーアビリティに並ぶ評価を集めているのは、まだ底を見せていない2戦2勝の2頭だ。

JRA【皐月賞(G1)展望】「2歳王者」ドウデュース&キラーアビリティVS「大器」イクイノックスVS「緊急参戦」ダノンベルーガ! クラシック開幕戦「4強」ついに激突!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合