NEW

JRA【アンタレスS(G3)展望】皐月賞より面白い!? “引退撤回”オメガパフューム始動戦は「超新星」上がり馬2頭との三つ巴!

JRA【アンタレスS(G3)展望】皐月賞より面白い!? 引退撤回オメガパフューム始動戦は「超新星」上がり馬2頭との三つ巴!の画像1

 17日、阪神競馬場では皐月賞(G1)の裏開催、アンタレスS(G3)が行われる。例年以上の好メンバーがそろい、皐月賞に勝るとも劣らない白熱した戦いが見られそうだ。

 主役を務めるのはオメガパフューム(牡7歳、栗東・安田翔伍厩舎)だろう。“引退レース”として臨んだ昨年暮れの東京大賞典(G1)で4連覇の偉業を達成し、この春からの種牡馬入りが予定されていた。ところが、年明けに引退を撤回し、一転現役続行が決まった。

 今年の最大目標は東京大賞典5連覇となりそうだが、目先の目標は6月に開催される帝王賞(G1)となる。約2年ぶりとなる中央のファンの前で健在ぶりを見せて、勝って本番に臨みたい。

 オメガパフュームには、どうしても“大井専用機”というイメージがあるが、実は中央のダートでも11戦5勝と良績を残している。中央G1以外では「5-0-2-0」と崩れておらず、特に阪神では3戦3勝、右回りで「5-1-1-0」なら、主役の座は譲れないだろう。

 主戦のM.デムーロ騎手が皐月賞でジャスティンパレスに騎乗するため、鞍上には横山和生騎手が起用される。59kgという酷量を課せられるが、それを跳ね除けることはできるか。

 G1・5勝の絶対王者に挑むのが4歳馬の2頭だ。どちらもダート重賞初挑戦となるが、連勝中の勢いは侮れない。

 昨年12月にダートに転向したグロリアムンディ(牡4歳、栗東・大久保龍志厩舎)は1勝クラスからダートでは無傷の4連勝中と波に乗る。

 前走の名古屋城S(OP)はダート転向後初めて1番人気に支持され、厳しくマークされる立場での出走となったが、好位から楽に抜け出すと、後続に2馬身差をつける快勝を収めた。

 名古屋城Sといえば、昨年はテーオーケインズが勝利したレース。同馬はその後、アンタレスS勝利を挟み、帝王賞、秋のチャンピオンズC(G1)制覇とエリートへの階段を駆け上がった。

 ただし、今年の名古屋城Sは決してメンバーレベルが高かったわけではなく、グロリアムンディにとってここは試金石となる。オメガパフュームにどこまで通用するのか。その走りに注目が集まる。

JRA【アンタレスS(G3)展望】皐月賞より面白い!? “引退撤回”オメガパフューム始動戦は「超新星」上がり馬2頭との三つ巴!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合