NEW

JRA川田将雅、桜花賞(G1)制覇も心中複雑!? 本番1時間前の大楽勝で問われる「オークス」鞍上問題

JRA川田将雅、桜花賞(G1)制覇も心中複雑!? 本番1時間前の大楽勝で問われる「オークス」鞍上問題の画像1
川田将雅騎手

「何より勝ち切ってくれたことがありがたく思います」

 10日、阪神競馬場で行われた牝馬クラシック第1弾・桜花賞(G1)は川田将雅騎手の7番人気スターズオンアースが優勝。2走前のフェアリーS(G3)、前走のクイーンC(G3)でともに2着と惜敗続きだったが、生涯一度の大舞台でその鬱憤を見事に晴らした。

 さらに、鞍上にとっても2014年のハープスター以来2度目の桜花賞制覇となり、一躍オークス(G1)への主役候補として名乗りをあげたわけだが、実はその1時間前に行われた忘れな草賞(L)で1番人気のアートハウス(牝3、栗東・中内田充正厩舎)に騎乗し、2着に3馬身差をつける圧勝を決めたのもまた川田騎手だった。

 忘れな草賞といえば、過去の勝ち馬には2015年のオークスを制したミッキークイーンや、2019年のオークス馬であり、昨年には海外のBCフィリー&メアターフ(G1)や香港C(G1)を勝って引退した名牝ラヴズオンリーユーなどが顔を揃える。

 また、アートハウスの母パールコードは、現役時代に川田騎手とのコンビで秋華賞(G1)を2着、エリザベス女王杯(G1)を4着とG1で好走した実績があり、この馬も中内田調教師が管理していた縁ある血統だ。

 レース後には「お母さんが果たせなかったGIレース勝利をこの馬で」と師も特別な想いを語っており、さらに「この後はオークスを含めて状態を見て判断します」と明言している。オークスへ直結する出世レースを快勝した事で、周囲の期待も高まるばかりだ。

 しかし、そうなると気になるのが、川田騎手はオークスでどちらに騎乗するのかという問題だ。

 

今年のオークスを左右する川田騎手の決断

 

「アートハウスはデビュー前から評判も高く、新馬戦では川田騎手とのコンビで2着に3馬身差をつける完勝を飾っています。レコード決着となった2戦目のエリカ賞(2歳1勝クラス)では、香港遠征で不在だった主戦の代打としてC.デムーロ騎手が手綱を取り、2歳戦にしてはタイトなペースを先行したことも影響し、最後は失速して6着に敗れました。

今回は手綱が戻り、昨年末から約4カ月の休み明けでありながら、最後の直線では馬群の間を怯むことなく抜け出すインパクトのある差し切り勝ちを決めたことで、オークスへ期待が膨らむ好内容。

実績面では桜花賞を制したスターズオンアースですが、管理する高柳瑞樹厩舎とは、今回初めての重賞挑戦だったことに比べ、過去に中内田厩舎とのコンビでは重賞を19勝(うちG1は2勝)。川田騎手がオークスでアートハウスに騎乗しても驚けませんね」(競馬誌ライター)

JRA川田将雅、桜花賞(G1)制覇も心中複雑!? 本番1時間前の大楽勝で問われる「オークス」鞍上問題のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  4. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  5. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  6. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  7. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  8. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?
  9. JRA宝塚記念(G1)逃げ「当確」パンサラッサが激流を演出…タイトルホルダーも苦戦濃厚、混戦必至の展開で「漁夫の利」を得られるタイプは?
  10. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声