NEW

JRA桜花賞スターズオンアースら「春G1勝ち馬」に生産界ガッカリ…!? ディープインパクト、ゴールドアリュール、そしてドゥラメンテに足りないもの

JRA桜花賞スターズオンアースら「春G1勝ち馬」に生産界ガッカリ…!? ディープインパクト、ゴールドアリュール、そしてドゥラメンテに足りないものの画像1
撮影:Ruriko.I

 春のG1戦線が開幕し、大きな盛り上がりを見せている競馬界。

 ここまで高松宮記念大阪杯、桜花賞と3つのG1が行われたわけだが、全国の競馬ファンが一喜一憂している一方、熱い視線を送っているのが未来のG1ウイナーを生み出す生産界の関係者だ。

 生産界にとっては2月頃から7月頃までが種付けシーズン、特にこの時期はまさに最盛期といえる1年で最も忙しい時期だ。だが、そんな中でも毎年頭を悩ませているのが「種牡馬選び」だろう。

 どんな種馬を付けるかによって、生まれてくる仔馬のタイプは大きく異なり、成功・失敗の大きな要因にもなるのが競走馬だ。それも1頭につき数十万~数百万円、時には1000万円を超える種付け料を支払うのだから、悩みに悩むのも当然だろう。

 そんな中で、種牡馬選びの決断の大きなポイントとなるのが、この時期の「春G1の結果」ではないだろうか。

 例えば、花婿候補としてリストアップしている種牡馬の産駒が、直近のG1や重賞を勝てば「やはりこの種牡馬か」と決断の大きな後押しとなることは想像に難しくない。ましてや、翌年になれば活躍馬を出した種牡馬の種付け料が上がることは必然。可能なら、今年の内に“勢い”にあやかっておきたいのが人情だ。

 逆に、すでに種付けを終えている関係者なら、自らが選んで付けた種牡馬の仔が活躍してほしいと思うのは当然だ。仮に、その幼駒を後に手放す予定なら、父の活躍次第で売値に大きな差が出てくる。無論、それは種牡馬を提供するスタッド側にも同じようなことが言えるだろう。

 だが今年の春G1は、そんな生産界にとって少し残念な結果に終わっている。

 

G1を勝った馬たちは素直に祝福されるべきだが……

 

 例えば、高松宮記念(G1)を勝利したナランフレグの父はゴールドアリュールだ。ゴールドアリュールといえばダートを中心に数多の活躍馬を送り出した「サンデーサイレンス系の砂担当」といえる大物だが、残念ながら2017年に他界しており、今年の4歳世代がラストクロップとなる。

 一方、大阪杯(G1)でエフフォーリアらを破り、波乱を巻き起こしたポタジェはディープインパクト産駒。言わずと知れた種牡馬界の大スターだが、残念ながらこちらも2019年に他界していることは多くのファンが知るところだ。

 中でも特に惜しまれるのが、先週の桜花賞(G1)を勝ったスターズオンアースの父ドゥラメンテだろう。

JRA桜花賞スターズオンアースら「春G1勝ち馬」に生産界ガッカリ…!? ディープインパクト、ゴールドアリュール、そしてドゥラメンテに足りないもののページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  5. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  6. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  7. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  8. JRA「弾けました」低評価を覆す豪脚一閃で先行勢を一掃! 宝塚記念(G1)激走、故・岡田繁幸さん素質見抜いた「逆輸入」種牡馬にブレイクの予感
  9. 池添謙一「圧勝ムード」からノーステッキで逆転負け…「単勝1.8倍」敗戦にファンから疑問の声
  10. JRA宝塚記念(G1)麒麟・川島明が「20万円超」払い戻しで有終の美!ファンからは京都競馬場の「改修工事」に恨み節も!?