NEW

【パチンコ実戦】甘デジ「伝説の名機」最終シリーズを打ちに県外遠征へ… 「どうしても会いたかった」その愛は台に伝わったのか!?

【この記事のキーワード】,

『P花満開 月光GCA』

【パチンコ実戦】甘デジ「伝説の名機」最終シリーズを打ちに県外遠征へ… 「どうしても会いたかった」その愛は台に伝わったのか!?の画像2
西陣公式HPより

■大当り確率(通常時):1/99.9 → 1/19.98
■確変突入率:55%(次回まで)
■継続率:71%(引き戻し・突然時短引き戻し含む)
■時短回数:30回
■突然時短発生確率:1/17.88(特図2 低確率サポなし時のみ抽選)
■遊タイム:低確率250回転消化で時短379回転

○○○
 突然時短の抽選がやや特殊ではあるが、それ以外はオーソドックスな確変ループタイプ。

 突然時短について簡単に説明すると、「時短30回転後の残保留のみ1/17.88で突然時短を抽選。当選したら再び30回転の時短に突入」といった抽選システムとなっている。

 演出面については、去年10月に発売された『P花満開 月光 THE FINAL』とほとんど変わらない。というより、シリーズ通してほぼ似たようなものだ。

 保留変化や疑似連をさせて「花満開リーチ」へ発展させて当てる。この流れこそがシリーズ伝統の当り方と言っても過言ではない。

 打ち始めると、さっそく80回転ほどで紫保留→疑似3→花満開リーチへと発展!回転数的にもそろそろ当るだろうと思っていたが……ハズレ。激アツとはいえ、期待度は約50%くらいなので当らないこともある。

 するとそれから6回転ほどすると、変動開始とともにボタンバイブが発生し、その後は赤保留→疑似3→花満開リーチへ。「50%だぞ。当れよ…」と祈ってみるが今回もハズレ。

 結局、初当りは138回転で、通常図柄で当ったものの再抽選で見事確変をゲットした。しかし、その喜びもつかの間、8回転で通常大当りとなり、時短もスルーして通常へ戻る。

 今度は7回転で「夢見の刻」リーチへ発展。ヒロインである「ほのか」が目を覚ませば2R確変当選なるが、トータルでの期待度は13%程度。チャンスアップが起きなければほとんどがハズレとなるが、見事にほのかが目を覚まして2R確変に当選!チャンスアップはなかったように見えたが、何か見逃してしまったのかもしれない。いや…きっと私の台に対する愛が伝わったのではないだろうか?

 そしてこの確変はというと、4R確変→通常大当り→時短スルーと、まったく伸びず。どうやら私の愛もまだまだのようだ。

【パチンコ実戦】甘デジ「伝説の名機」最終シリーズを打ちに県外遠征へ… 「どうしても会いたかった」その愛は台に伝わったのか!?の画像3

 結局、玉はすべて飲まれ、ギブアップ。収支は以下の通り。

投資:2375発
回収:0発
差玉:-2375発

【この台の感想】

・演出がシンプルなので好き嫌いはわかれる。
・まったり遊べるので、ゆっくりと遊びたい方にはオススメ。
・楽曲がとにかく素晴らしい。西陣さん、開発のソフィアさんありがとう。

 リリースされたばかりで導入も少ないが、これから先少しずつ増えることを祈るばかりだ。近くの店にも導入されるのであればまた打ちたいと思う。

 なぜなら、私が退席した後におばあちゃんが“11連”していたからだ。

(文=ロマニスタ鈴木)
<著者プロフィール>
 好きなゲームキャラクターがモチーフのパチンコ『CRソニック』でホールデビュー。
その後パチスロも遊技するようになりドハマりする。好きな機種は5号機時代のSNKプレイモアが出していた機種たち。パチンコでは甘デジやライトミドルを好んで打つ。サッカーと猫をこよなく愛し、週末はJリーグの試合を平均6試合くらい見ている。

【注目記事】
社会現象を巻き起こした超人気タイトルがパチンコ化! その初代はまさかの○○○!?
パチンコ「非確変がアツい!?」衝撃作…0.5秒変動の超高速も実現!!―新台分析―
パチンコ新台「80%継続×MAX7500発」へ高まる期待…激熱コンテンツも始動の敏腕メーカーへ熱視線!!

【パチンコ実戦】甘デジ「伝説の名機」最終シリーズを打ちに県外遠征へ… 「どうしても会いたかった」その愛は台に伝わったのか!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合