NEW

JRA「武豊ブチ切れ」疑惑にファンもビックリ!? 桜花賞(G1)前にマイクが拾った厳重注意に波紋……

【この記事のキーワード】, ,
JRA「武豊ブチ切れ」疑惑にファンもビックリ!? 桜花賞(G1)前にマイクが拾った厳重注意に波紋……の画像1
武豊騎手

 先週末に行われた桜花賞(G1)でハナ差の2着に敗れたウォーターナビレラ。武豊騎手と武幸四郎調教師による兄弟G1制覇は、ゴール寸前でお預けとなった。

 レース後、武豊騎手は「今日は全てうまく行きました。状態も今までで一番良かったですし、返し馬もゲートもペースも思い通りでしたし、悔いのないレースでした」と語っていた。

 ところが、“全て”がうまくいったわけではなかった可能性もあるという。

 レース直後からSNSなどでは、ある出来事が話題になっている。それは発走前の輪乗り中に発生したという。

「毎週日曜日の競馬中継を担当する関西テレビが運営する『カンテレ競馬』が、YouTubeチャンネルで桜花賞の密着動画をライブ配信していました。当該動画は現在、公開されていないようですが、SNSに切り抜きが上げられています」(競馬誌ライター)

 Twitterに上げられた動画は桜花賞の直前に輪乗りを行う人馬を捉えたそのシーンだった。見た目にはいつもと変わらない光景に見えるが、中継マイクがある人物の発言を拾っていたようだ。

「あんま動くなって、カメラマン……。カメラ、あんま動かさんといて」

 映像を確認してみたところ、どうやら待機所付近にいた関係者が撮影していたカメラマンに注意を促した声のようだが、かなり声を荒らげているような雰囲気だった。

 さらにTwitterでは、この声の主が武豊騎手なのではないかという声が複数あった。仮にもし武豊騎手だったとすれば、本騎手にしては珍しく強いトーンで注意をしたということになるだろう。

 普段は温厚な性格で知られる武豊騎手だが、勝負へのこだわりは人一倍強い。過去には進路妨害による降着制度に歯に衣着せぬ発言も少なくなかった。今回と少し似たケースでは、エアグルーヴで臨んだ1996年秋華賞(G1)のパドックでのフラッシュ事件を思い出したファンもいただろう。

JRA「武豊ブチ切れ」疑惑にファンもビックリ!? 桜花賞(G1)前にマイクが拾った厳重注意に波紋……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  4. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  5. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  6. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  7. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  8. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  9. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?
  10. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声