NEW

JRA皐月賞(G1)武豊「レースを壊す馬がいて…」恨み節こそ勝利のフラグ!? ドウデュース好走はM.デムーロが伏線、「春の嵐」勝ち馬条件も難なくクリア

【この記事のキーワード】, ,
JRA皐月賞(G1)武豊「レースを壊す馬がいて…」恨み節こそ勝利のフラグ!? ドウデュース好走はM.デムーロが伏線、「春の嵐」の勝ち馬条件も難なくクリアの画像1
ドウデュース 撮影:Ruriko.I

 今週末に牡馬クラシックの皐月賞(G1)が控えている中央競馬だが、今年の春は近年稀に見る波乱が続いている。

 2017年から大阪杯がG2からG1へと昇格し、4週連続で行われるようになった春のG1開催。高松宮記念のレシステンシア(6着)、大阪杯のエフフォーリア(9着)、そして桜花賞のナミュール(10着)といった1番人気馬が悉く敗れた。

 今年を含めて6年の間で7番人気以降の伏兵が3連勝したのは初のケース。混戦模様の皐月賞だけに、この「春の嵐」に巻き込まれる可能性は十分にある。

 何といってもファンの注目は、武豊騎手がコンビを組むドウデュース(牡3、栗東・友道康夫厩舎)がどのような走りを見せるかだろう。『netkeiba.com』が公開している単勝予想オッズによると1番人気が濃厚。桜花賞(G1)でハナ差の2着に敗れた武豊騎手としても、力の入る一戦となる。

 そんな武豊騎手とドウデュースのコンビにとって、強力な援護射撃となりそうなのが、実はこの波乱続きの傾向なのだ。

 1番人気馬の連敗ばかりがクローズアップされているものの、人気を裏切った馬と穴を開けた馬にちょっとした「共通点」があったことにも触れておきたい。

 一つ目は、高松宮記念のナランフレグ、大阪杯のポタジェ、桜花賞のスターズオンアースといった勝ち馬が前哨戦で敗れていたことだ。本番で巻き返しに成功した各馬は、敗戦の中でも次走の課題をしっかりと克服しての戴冠だった。

 二つ目は、人気を背負った各馬が中間の調整や当日の馬体重などに不安を抱えていたことだ。直行で挑んだレシステンシアやエフフォーリアは、特にこの影響が大きかったのではないか。

 三つ目は、前走を勝利した馬が敗れていること。馬券に絡んだのは高松宮記念2着のロータスランドと大阪杯3着のアリーヴォのみ。桜花賞は1頭も掲示板に載れなかった。

 そう考えると前哨戦であるチューリップ賞(G2)で5着に敗れた際、武豊騎手から「次に向けていいレースだった」と前向きなコメントが出され、陣営が「過去一番」の仕上がりと自信を持っていたウォーターナビレラの好走も頷ける。

「春の嵐」勝ち馬条件も難なくクリア

 そして、これは弥生賞ディープインパクト記念(G2)を2着に敗れたドウデュースにも当てはまる。武豊騎手はレース後に「トライアルとしてはいい内容だった」と前向きな評価。中間の状態にも陣営は「言うことがない」と状態に絶大な自信を隠さなかった。

 これだけでも既にウォーターナビレラと似たような状況にあるといえるだろう。

JRA皐月賞(G1)武豊「レースを壊す馬がいて…」恨み節こそ勝利のフラグ!? ドウデュース好走はM.デムーロが伏線、「春の嵐」勝ち馬条件も難なくクリアのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  2. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  3. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  4. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  5. JRA【ラジオNIKKEI賞(G3)予想】サトノヘリオスは危険な人気馬!実績重視で人気薄の穴馬本命で好配当をいただき!
  6. JRA「大差レコード負け」からジョッキーも信じられない奇跡!? 約2年20戦の時を経て「2着馬」が10馬身差の圧勝でレコード再更新
  7. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. JRAラジオNIKKEI賞(G3)「遅れてきた大器」が無傷の3連勝! ドゥラメンテ調教師が「南半球の怪物」と初めてクラシック制覇を見据えた日
  9. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  10. JRAレシステンシアに起きた元・主戦騎手との「運命」の交差…すれ違いの骨折判明で「最後の秋」の出走は