NEW

パチスロ「5号機初期の名作」が始動…エイプリールフール投稿「ウソではなく本当」にファン歓喜!!

【この記事のキーワード】, ,

パチスロ「5号機初期の名作」が始動…エイプリールフール投稿「ウソではなく本当」にファン歓喜!!の画像1

エイプリールフール投稿「ウソではなく本当」

 4月1日、パチスロメーカー・ジェイピーエスの公式Twitterにて衝撃的なツイートが投稿された。

 それは6号機『S2027D』と記されたもので、「4月18日から段階的に導入」「初代2027の懐かしい液晶映像」「全国1,000台限定」「希少機種」などの文言も。エイプリルフールだけに「ネタなのでは?」と多くのファンが反応したものの、どうやら、これは「本当」の情報だったようだ。

 ご存じの通り、『2027』は5号機時代の2007年にデビューした。搭載されたボーナスは獲得枚数28枚のJACのみだが、JAC成立からそれを揃えるまでの間はリプレイ確率が大幅アップする「RT」状態となり、このRT状態を巧みに利用することで出玉を継続的に増やすことができる仕組みだ。

 詳しく説明すると、本機のJACは主にチャンスリプレイと重複成立し、低確でのJAC当選時はRT状態を経てJAC入賞。対して、チェリーを機に移行する高確中にJACを引き当てた場合はRT状態にATが加わる「バトルモード」へ突入し、その後はJAC入賞を回避しつつリール左側のランプに従うだけで1Gあたり約1.7枚の増加が見込める。

 バトルモードは1セット20G継続で、継続率は70%~95%。基本的には70%が選ばれるものの、通常時はチェリーの約60%で移行する10G継続の「潜航モード」中に再度チェリーを引ければ1回につき1~10%、10枚役入賞で1~5%の範囲で継続率が加算される。
 
 継続抽選は20G区切りの最初に行われ、この抽選をパスすれば次セット継続。消化中は様々な継続示唆演出が発生&継続と共にストーリーが進行する。

『S2027DB』はゲーム性を一新している様子

 一方、4月18日より導入がスタートする『S2027DB』はゲーム性を一新している様子。早くも期待の声が浮上中だ。

 新PB機「2027プロジェクト」マシンとのことで、全20法人に導入される予定。スペック詳細などの続報は、追って報告させていただく。

【注目記事】
パチンコ新台「約94%ループ」の実力は? 大当り200回超・7万5000発など爆裂報告が続々!-初打ち実戦速報-
甘デジを凌駕する「めっちゃ甘スペック」も話題に…大スターはパチンコ店にも熱狂を呼び込む!!
パチンコ「天国モード」は常識外れの爆裂システム!? 怒涛の連チャンを生む“状態”の正体とは!!

パチスロ「5号機初期の名作」が始動…エイプリールフール投稿「ウソではなく本当」にファン歓喜!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合