NEW

元JRA藤田伸二氏「先生が拗ねちゃってね」「何年干されたか…」名伯楽2人との「仲違い」にファンは興味津々、名手が語った真相とは

【この記事のキーワード】, , ,
元JRA藤田伸二氏「先生が拗ねちゃってね」「何年干されたか…」名伯楽2人との「仲違い」にファンは興味津々、名手が語った真相とはの画像1
撮影:Ruriko.I

 JRA通算1918勝を挙げ、7年前にステッキを置いた元騎手の藤田伸二氏。引退後は、YouTube『藤田伸二チャンネル』なども運営し、歯に衣着せぬ物言いを売りに、レース回顧やファンからの質問にも答えている。

 11日の夜には、1時間近い時間を割いて生配信を届けた藤田氏。前半は、前日に行われた桜花賞(G1)の回顧がメインだったが、後半にはかつて「お世話になった」という何人かの調教師との思い出話に花を咲かせた。

 配信中にファンから現役屈指の名伯楽でもある藤原英昭調教師の「凄さ」を問われた藤田氏。「馬を操るということに関して、東西の調教師の中でも群を抜いてうまかった」と、藤原師自身が馬術の天才だったことを明かし、同厩舎が好成績を挙げている理由として、「藤原厩舎には、これでもかというくらい馬乗りの上手い人間(スタッフ)が集まっている」という見解を述べた。

名手が語った真相とは

 そんな藤田氏を最も熱く語らせたのは、すでに引退している名伯楽2人の話題が出た場面だった。

 1人目は、昨年2月に引退した松田国英元調教師である。ダイワスカーレットやキングカメハメハなど数多くの名馬を手掛けた名伯楽との思い出を聞かれた藤田氏。とある無名馬のデビュー戦の手綱を任されたことを思い起こした。

 行き脚がつかず最後方からの競馬となったその一戦。直線ムチを入れると「6~7馬身ぶっちぎって勝った」という。ところが2戦目に騎乗した際、おとなしかった馬が狂ったように煩くなっていたため、松田国元調教師に「先生、この馬もっと大事にしたら、絶対重賞勝てるよ」という“助言”を送ったのだ。

 ところが、松田国元調教師はこの“助言”を快く思わなかったのだろう。藤田氏曰く「先生が拗ねちゃってね……。それからしばらく首になったね。乗せてくれなくて……」と、悪気のない一言がきっかけで一時期、干されてしまったという裏話を明かした。

 話題に上ったもう一人が伊藤雄二元調教師だった。07年に引退するまで、ウイニングチケットやエアグルーヴを手掛け、通算1155勝を挙げた名伯楽である。

 そんな名伯楽との間にもやはりホロ苦い思い出があったようだ。

 ファンの一人から伊藤雄元調教師の名前が出ると、「どんだけ世話になったか、何年干されたか……」と、当時の複雑な心境を語り始めた。当時、伊藤雄元調教師が藤田氏にある馬の騎乗を依頼していたが、突如、O.ペリエ騎手に乗り替わってしまったという。

 それに納得ができなかった藤田氏は、「調教スタンドの前で新聞記者に(乗り替わりについて)文句を言っていた」。すると、藤田氏のすぐ背後にいたのが伊藤雄元調教師だった。

元JRA藤田伸二氏「先生が拗ねちゃってね」「何年干されたか…」名伯楽2人との「仲違い」にファンは興味津々、名手が語った真相とはのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  4. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  5. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  6. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  7. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  8. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  9. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?
  10. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声