NEW

JRA皐月賞(G1)イクイノックス、ダノンベルーガ、デシエルトを「消せる」根拠!? 無敗馬3頭に立ちはだかる「76年」未勝利の壁

JRA皐月賞(G1)イクイノックス、ダノンベルーガ、デシエルトを「消せる」根拠!? 無敗馬3頭に立ちはだかる「76年」未勝利の壁の画像1

 7番人気の伏兵スターズオンアースが桜の女王となった桜花賞(G1)。今週は「最も速い馬が勝つ」といわれる皐月賞(G1)が行われる。

 2019年サートゥルナーリア、20年コントレイル、そして昨年のエフフォーリアと、3年連続で無敗の皐月賞馬が誕生した。今年出走を予定している無敗馬はイクイノックス、ダノンベルーガ、デシエルトの3頭。いずれもポテンシャルの高さを見せて連勝している実力馬だけに、4年連続の記録更新があったとしても不思議ではないだろう。

 その一方、無敗で皐月賞制覇に成功した過去の事例と事情が異なる点にも触れなければならない。

 なぜなら今年の無敗馬3頭には、偉大な先輩がクリアしてきた「経験値」の壁が立ちはだかるからである。

無敗馬3頭に立ちはだかる「76年」未勝利の壁

 何しろ2歳戦が実施されるようになった1946年以降、先述した通りキャリア2戦で皐月賞を優勝した事例はない。キャリア2戦以下の馬の好走例は、1993年シクレノンシェリフの3着のみ。2022年の今年から遡ると、2勝馬が勝てない歴史は「76年」も続いていることになる。

 全馬がクリアしていた条件として注目したいのは、皐月賞を迎えるまでのキャリアが3戦以上だったことと、「芝のレースを2戦以上」経験していたことだ。

 これに対し、イクイノックスとダノンベルーガは2戦2勝。デシエルトは3戦3勝とはいえ、前走の若葉S(L)が初めての芝。それでも優勝することが出来たなら、快挙となることは間違いないが、このハードルはあまりにも高く感じる。

 実は昨年の皐月賞にも2戦2勝のキャリアでグラティアスが挑んだものの、6着に敗れている。新馬、京成杯(G3)を連勝した重賞勝ち馬だけに、今年の2頭と実績的にそこまで大きな差はないかもしれない。

 イクイノックスは昨年の東京スポーツ杯2歳S(G2)から直行、ダノンベルーガ陣営が直前まで参戦の結論を先延ばしした理由を、体質的な弱さを理由としていることも大きな不安材料である。

 76年ともなれば、人間のほぼ一生ともいえる年数だ。長い敗戦の歴史を考えると、今年もまた繰り返される気がしてならない。

(文=高城陽)

<著者プロフィール>
 大手新聞社勤務を経て、競馬雑誌に寄稿するなどフリーで活動。縁あって編集部所属のライターに。週末だけを楽しみに生きている競馬優先主義。好きな馬は1992年の二冠馬ミホノブルボン。馬券は単複派で人気薄の逃げ馬から穴馬券を狙うのが好き。脚を余して負けるよりは直線で「そのまま!」と叫びたい。

JRA皐月賞(G1)イクイノックス、ダノンベルーガ、デシエルトを「消せる」根拠!? 無敗馬3頭に立ちはだかる「76年」未勝利の壁のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  5. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  6. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  7. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  8. JRA「弾けました」低評価を覆す豪脚一閃で先行勢を一掃! 宝塚記念(G1)激走、故・岡田繁幸さん素質見抜いた「逆輸入」種牡馬にブレイクの予感
  9. 池添謙一「圧勝ムード」からノーステッキで逆転負け…「単勝1.8倍」敗戦にファンから疑問の声
  10. JRA宝塚記念(G1)麒麟・川島明が「20万円超」払い戻しで有終の美!ファンからは京都競馬場の「改修工事」に恨み節も!?