NEW

JRA春G1で3連勝中の「トレンド」に該当! 皐月賞馬輩出の中山巧者一族、エフフォーリアと同じ父を持つ絶好の「穴候補」はこれ

【この記事のキーワード】, ,
JRA春G1で3連勝中の「トレンド」に該当! 皐月賞馬輩出の中山巧者一族、エフフォーリアと同じ父を持つ絶好の「穴候補」はこれの画像1
サトノヘリオス

 先週の桜花賞(G1)は、川田将雅騎手の7番人気スターズオンアースが優勝。武豊騎手が騎乗したウォーターナビレラとの接戦をハナ差制して、見事に桜の女王に輝いた。

 生産牧場の社台ファーム代表・吉田照哉氏は「リプレーを見て、勝っていると思いました。今年の3歳は調子が上がっていますね」とコメント。G1制覇は2018年のフェブラリーS(G1)以来だけに、喜びもひとしおのようだった。

 その社台ファームの生産馬は、17日に中山競馬場で行われる皐月賞(G1)に、弥生賞ディープインパクト記念(G2)を勝ったアスクビクターモアを始め、オニャンコポン、サトノヘリオス、ボーンディスウェイの4頭出しを予定している。

 2週連続のG1勝ちも十分に狙えるラインナップで注目したいのが、トライアルのスプリングS(G2)3着から本番へと臨むサトノヘリオス(牡3歳、栗東・友道康夫厩舎)だ。

 同馬は、サトノダイヤモンドやサトノクラウンなど多くの活躍馬を所有する里見治オーナーが、関西の名門・友道厩舎と初めてタッグを結成したということで、デビュー前から注目を集めた。

 昨年8月の新馬戦は1番人気に支持されたが、スタートで4馬身近く出遅れると、道中も折り合いを欠くなど随所に幼いところを見せ、勝ち馬のイクイノックスから9馬身離れた4着に敗退した。

 だが、その後は芝2000mの未勝利戦とエリカ賞(1勝クラス)を共にレコード勝ちするなど本領を発揮。暮れのホープフルS(G1)では見せ場なく13着に敗れたが、レコード勝ちから中1週の強行軍は、2歳の若駒にはさすがに厳しかったか。

 約3ヶ月の休養を経て出走したスプリングSでは、前に行ったビーアストニッシドとアライバルのワンツー決着となった中、中団追走から上がり最速タイの末脚を繰り出して3着に入り、本番への優先出走権をもぎ取っている。

「皐月賞でも手綱を執る予定の岩田望来騎手はレース後、『この内容なら本番も楽しみです』と、好感触を口にしていました。2000mで実績を挙げている馬なので、距離が1ハロン延長されるのもプラスだと思います」(競馬誌ライター)

 そんなサトノヘリオスだが、『netkeiba.com』の予想オッズでは単勝予想オッズで約60倍の10番人気とかなりの低評価だ。一方、初戦で対戦したイクイノックスは3番人気である。1秒5の大差をつけられた相手だけに、差が出るのも仕方ないところか。

 だが、逆転の目が無いわけでもない。

 サトノヘリオスの祖母エアデジャヴーは、中山芝1800mで開催されたクイーンS(G3)の優勝馬。そしてその弟は、2000年の皐月賞を制覇したエアシャカールだ。また、近親にもAJCC(G2)の勝ち馬で、有馬記念(G1)でも3着2回のエアシェイディなどがいる。

 つまり、サトノヘリオスは典型的な中山巧者の一族である。さらに、父は昨年の皐月賞を勝ったエフフォーリアと同じエピファネイアだ。右回り自体が初となるイクイノックスを逆転するどころか、皐月賞でも好走できる下地は十分に揃っている。

 さらに、今春のG1シリーズで密かに流行っている「あるトレンド」も、サトノヘリオスを後押ししそうだ。

JRA春G1で3連勝中の「トレンド」に該当! 皐月賞馬輩出の中山巧者一族、エフフォーリアと同じ父を持つ絶好の「穴候補」はこれのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  4. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  5. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  6. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  7. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  8. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?
  9. JRA宝塚記念(G1)逃げ「当確」パンサラッサが激流を演出…タイトルホルダーも苦戦濃厚、混戦必至の展開で「漁夫の利」を得られるタイプは?
  10. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声