NEW

JRAアンタレスS(G3)オメガパフューム参戦で「G1級」のハイレベル! 皐月賞の裏で超豪華メンバーがジャパンCダートを再現?

JRAアンタレスS(G3)オメガパフューム参戦で「G1級」のハイレベル! 福永祐一「鞍上問題」は先延ばし、超豪華メンバーがジャパンCダートを再現?の画像1
撮影:Ruriko.I

 17日、中山競馬場では牡馬クラシックの第1関門となる皐月賞(G1)が開催される。

 下馬評で最も人気を集めているのはドウデュースと武豊騎手のコンビ。弥生賞ディープインパクト記念(G2)で2着に敗れたとはいえ実績はメンバー最右翼。他にも2戦2勝のキャリアで挑むイクイノックス、ダノンベルーガ、岩田康誠騎手が3連勝へと導いたデシエルトなどの無敗馬も虎視眈々と戴冠を狙っている。

 だが、同日の裏開催となる阪神競馬場で行われるアンタレスS(G3)もまた、皐月賞に負けず劣らずの好メンバーが揃った。

 今年の目玉は何といっても約2年ぶりの中央参戦となるオメガパフューム(牡7、栗東・安田翔伍厩舎)だ。昨年末の東京大賞典(G1)で初の4連覇という偉業を達成。種牡馬入りすることが発表されたものの、年明けに陣営から発表された内容は、まさかの現役続行だった。

 近年は中央ではなく地方の交流重賞を中心に使われていたオメガパフューム。他馬より重い59キロの斤量は気になるものの、前回参戦した約2年前の平安S(G3)でも59キロを背負って格の違いを見せつけたなら問題ないはず。久々の中央でどのような走りを見せてくれるだろうか。

 G1・5勝馬を相手に真っ向勝負を挑むのは、現在ダートで4戦無敗の快進撃を続けているグロリアムンディ(牡4、栗東・大久保龍志厩舎)。新馬勝ち後にクラシックを目指した3歳春は、思うような結果を残せなかったが、ダートに矛先を変更してからは見違えるような連勝を続けている。

 前走の名古屋城S(OP)を快勝した際、主戦の福永祐一騎手が「これからも楽しみです。競馬に関して言うことはありません」とコメントしたほどのお気に入り。今回は福永騎手が皐月賞のジオグリフに騎乗するため、坂井瑠星騎手が替わりに手綱を取る。

 そして福永騎手が主戦を任せられているもう1頭が、現在3連勝中のバーデンヴァイラー(牡4、栗東・斉藤崇史厩舎)。いずれ劣らぬ実力馬だけに、同じ路線を歩む2頭の鞍上問題も囁かれていたが、主戦が中山で騎乗する今回は結論が先送りとなりそうだ。

 また、オメガパフュームが制した昨年の東京大賞典で3着のウェスタールンド、佐賀記念(G3)を5馬身差で楽勝したケイアイパープル、東海S(G2)を2着に敗れたとはいえ、復調気配を見せているオーヴェルニュなど、その他の伏兵陣にも一発を狙えそうな馬がスタンバイしている。

 阪神で行われるアンタレスSは、かつてジャパンCダート(G1)が行われたダート1800mと同じ条件。G1級の再現を思わせる超豪華メンバーが集結したといえそうだ。

(文=高城陽)

<著者プロフィール>
 大手新聞社勤務を経て、競馬雑誌に寄稿するなどフリーで活動。縁あって編集部所属のライターに。週末だけを楽しみに生きている競馬優先主義。好きな馬は1992年の二冠馬ミホノブルボン。馬券は単複派で人気薄の逃げ馬から穴馬券を狙うのが好き。脚を余して負けるよりは直線で「そのまま!」と叫びたい。

JRAアンタレスS(G3)オメガパフューム参戦で「G1級」のハイレベル! 皐月賞の裏で超豪華メンバーがジャパンCダートを再現?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  5. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  6. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  7. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  8. JRA「弾けました」低評価を覆す豪脚一閃で先行勢を一掃! 宝塚記念(G1)激走、故・岡田繁幸さん素質見抜いた「逆輸入」種牡馬にブレイクの予感
  9. 池添謙一「圧勝ムード」からノーステッキで逆転負け…「単勝1.8倍」敗戦にファンから疑問の声
  10. JRA宝塚記念(G1)麒麟・川島明が「20万円超」払い戻しで有終の美!ファンからは京都競馬場の「改修工事」に恨み節も!?