NEW

JRA皐月賞(G1)台風接近で中山でも「春の嵐」が継続!? 雨が降っても味方にできる「怪物候補」が波乱を起こすか

【この記事のキーワード】, ,
JRA皐月賞(G1)台風接近で中山でも「春の嵐」が継続!? 雨が降っても味方にできる「怪物候補」が波乱を起こすかの画像1
デシエルト 撮影:Ruriko.I

 17日、中山競馬場では牡馬クラシックの1冠目、皐月賞(G1)が行われる。今年のメンバーを見渡すと素質馬揃いの大混戦。いったいどの馬が抜け出すのか、週末のレースに向けて楽しみが募るばかりだ。

 実力均衡の混戦となれば、馬場やコースへの適性、展開といった細かい条件が結果を大きく左右する。中でも馬場状態は特に注視したい。

今週は台風が接近する影響もあってか、中山競馬場では木曜日から金曜日にかけてまとまった雨が降る見通し。今開催の中山競馬場はあまり天候に恵まれず、含水率が高めの馬場傾向。ここに週後半の雨が加われば、タフな馬場になる可能性は高い。

 近年の皐月賞を振り返ると、馬場状態でレースの質が大きく変化していることが分かる。時計の出る良馬場の場合、上がり3ハロンが34秒台前半~33秒台の瞬発力勝負になるケースが多い一方で、時計のかかる湿った馬場では前傾ラップの消耗戦になり、上がり3ハロンを要するレースも多かった。

 もし雨の影響が強くなれば、スピードや瞬発力以上にスタミナやパワーが問われるレースが見込まれるだろう。そこで「雨を味方に」できる馬として注目したいのがデシエルト(牡3歳、栗東・安田隆行厩舎)である。

 デシエルトはここまで3戦3勝の無敗。無敗馬は他にイクイノックス、ダノンベルーガがおり、この2頭は上位人気に支持されることが濃厚だ。対するデシエルトは「中穴候補」という程度の評価に落ち着いており、『netkeiba.com』の予想オッズでも単勝7番人気に留まっている。

 デシエルトの3勝は、そのうち2戦がダート戦で挙げたもの。この点が懸念されて評価が上がらないと思われる。確かに良馬場の切れ味勝負には分が悪いかもしれないが、タフな馬場となればダートもこなせるパワーが強みに変わる。実際に前走の若葉S(L)は初の芝レースながら、小雨が降る馬場で3馬身差をつけて圧勝している。

 血統面でもデシエルトに期待が持てるデータが存在する。実はドレフォン産駒は芝・稍重での成績が良好で、単勝回収率は414%、複勝回収率は119%という驚異的な数字をマーク。中間の雨はデシエルトにとってまさに「恵みの雨」。日曜日の馬場に雨の影響が残るようなら要注意の1頭だ。

 ここまでの春のG1レースは3戦とも、上位人気馬が結果を残せない波乱の結果。デシエルトの激走で、中山もまた「春の嵐」が巻き起こるのか。雨を味方に変えるパワフルな走りに期待したい。

(文=エビせんべい佐藤)

<著者プロフィール>

 98年生まれの現役大学院生。競馬好きの父の影響を受け、幼いころから某有名血統予想家の本を読んで育った。幸か不幸か、進学先の近くに競馬場があり、勉強そっちのけで競馬に没頭。当然のごとく留年した。現在は心を入れ替え、勉強も競馬も全力投球。いつの日か馬を買うのが夢。

JRA皐月賞(G1)台風接近で中山でも「春の嵐」が継続!? 雨が降っても味方にできる「怪物候補」が波乱を起こすかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  4. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  5. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  6. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  7. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  8. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  9. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?
  10. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声