NEW

パチンコ「万発クラスは余裕」の声で思い出す…最終兵器とも評された爆裂連チャン機!!

【この記事のキーワード】, ,

パチンコ「万発クラスは余裕」の声で思い出す…最終兵器とも評された爆裂連チャン機!!の画像1

平成の藤商事のアレンジボール三兄弟の一角!

 藤商事からP機初となる天国モード搭載で話題の『Pアレジンプレミアム』が登場。「万発クラスは余裕」など評価する声も浮上していますが、今回はアレンジボール繋がりということで1993年の『アレンジマン』を振り返ってみたいと思います。

 平成の藤商事といえばアレンジボール。「アレンジボールといえば藤商事」というくらい、同社はアレンジボールで数々のヒット機を世に送り出しました。 

 1992年に鮮烈なデビューを果たすと、瞬く間に日本中のホールを鉄火場の渦へと巻き込んだ爆裂連チャンタイプのアレンジボール第一弾『アレジン』。すぐさま第二弾である『エキサイト』が投入されますがこちらも一瞬で大人気に。

 そして第三弾であり最終兵器とまでいわれたのがこの『アレンジマン』でした。以前アレジンの実戦記事でもご説明しましたがアレンジマンも内部仕様は同じで、大当たりのある天国グループ1つと大当たりのない地獄グループ×15の計16グループが存在。

 したがってアレンジマンの実質的な初当り確率は1/439という以前のマックスタイプよりも重いものでした。一定の確率でグループ移行抽選をしていますが、地獄に滞在している限りは大当りしないため、極端なハマりと連チャンが発生しやすいという仕組みです。 

 これに熱狂したパチンカーは実に多く、私自身もその一人でした。《ピューイ♪ピューイ♪》というテンパイ音は非常に中毒性があり、デジタルは淡々と止まるだけでしたが、このテンパイ音の虜でしたね。 

 フェイクもありましたが、天国グループ滞在中にはテンパイ確率もアップするのがシリーズの特徴。電源OFF⇒ONすると天国グループスタートの台もあるため朝イチからも激アツでしたね。実質的なモーニングサービスのようなものでしたから。

 それに遊技機だけでなくホールのサービス自体も過激だった時代。モーニングだけにとどまらず、イブニングサービスと称して営業中に全台電源OFF⇒ONする過激なサービスもありました。

 初代のアレジンと比べてパンクしにくかったのも良かったですかね。デジタル揃いの後に開くアタッカーのVゾーンに入賞させねば大当たり権利消滅となるのですが、パンクしにくい形状に改良されていました。

唯一残念な点をあげるとすれば、後継機種のリリースが…

 ただし、晩年は体感機による攻略法でボロボロにされていった記憶があります。私のような半素人には縁のないものでしたが。現在ではほぼ存在しない純粋な『攻略ネタ』。それを行っていた人たちも『ゴト師』などではなく、いわゆる『攻略プロ』などと呼ばれていました。

 それでも攻略法にさえ注意すれば店側としても稼ぎ頭だったのか、しぶとく残っている店も多かったため変わらずよく打っていたのを覚えておりますが…。

 唯一残念な点をあげるとすれば、後継機種のリリースが全くないという部分に尽きるでしょうか。アレジンやエキサイトは後継機種がリリースされているだけに、熱烈なファンとしてはちょっと納得いかないです(笑)。

 という訳で今回のアレジンプレミアムが好結果となれば、是非アレンジマンの後継機種の方も期待したいところですね。お待ちしております。

(文=電撃しらっち)
<著者プロフィール>
 業界歴30年。遊技機販売業など様々な業種を経験し、現在はライターとしての活動にも力を入れている。レトロパチンコ・パチスロの実戦記事や、業界関係者への取材記事も担当。羽根モノや一発台を特集するなど、オールドファンにも響く内容も積極的に作成している。

【注目記事】
【パチスロ新攻略要素】絶賛稼働中の人気マシン非有利区間中は「〇〇」に要注目!?
パチンコ「天国モード」が現代に大復活! これまでの常識を覆す奇想天外なゲーム性を実現した革命的マシン!! 
【パチスロ新台】“王道”と“闇落ち”の「クロスループAT」で出玉を加速! 4年ぶりのシリーズ最新作がまもなくデビュー

パチンコ「万発クラスは余裕」の声で思い出す…最終兵器とも評された爆裂連チャン機!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合