NEW

JRA武豊ドウデュースに黄色信号!? 皐月賞人気馬を襲う11年続く意外なジンクスとは

【この記事のキーワード】, ,
JRA武豊ドウデュースに黄色信号!? 皐月賞人気馬を襲う11年続く意外なジンクスとはの画像1
ドウデュース 撮影:Ruriko.I

 17日、春爛漫のさなか中山競馬場で行われる皐月賞(G1)は、牡馬クラシック第1弾となる。世代の頂点を窺う3歳牡馬達が春の覇権を懸けて争う熾烈なレースだ。

 今年は有力馬が様々な路線から皐月賞を目指した混戦模様だが、『netkeiba.com』の想定では、前走・弥生賞ディープインパクト記念(G2)で2着と好走した、去年の最優秀2歳牡馬のドウデュース(牡3歳、栗東・友道康夫厩舎)が1番人気になるだろうと予想されている。

 ドウデュースは昨年暮れの朝日杯FS(G1)を制し、年明け初戦に弥生賞を選んだ。レース中いったんポジションを下げるシーンがあったものの、そこから立て直して追い上げ、勝ち馬のアスクビクターモアにクビ差まで迫る「負けて強し」といった内容だった。

 騎乗した武豊騎手も「トライアルとしてはいい内容だった」と前向きなコメントを残している。

 ファンとしても昨年の最優秀2歳牡馬が年明けの一叩きで順調に好走したので、他の有力馬と比較して皐月賞への死角が最も小さいように思えているのではないだろうか。しかし、ここに見過ごされがちな大きな落とし穴がある。

 実は、ここ11年間弥生賞を使った馬は皐月賞を勝っていないのだ。

 

何故、弥生賞は皐月賞に繋がらなくなったのか

 

 本番と同コース同条件で好走した弥生賞出走馬は順調に仕上がってるように見えるし、コース適性を考えても買いたくなるだろう。そこで当然のように毎年人気になる。しかしながら近年は、皐月賞で良い結果を出せていない。

 弥生賞経由で皐月賞1番人気になった近年の馬は昨年のダノンザキッド(弥生賞3着、皐月賞15着)、2018年のワグネリアン(弥生賞2着、皐月賞7着)、2015年サトノクラウン(弥生賞1着、皐月賞6着)の3頭で、どれも派手に着外へ飛んでいる。

JRA武豊ドウデュースに黄色信号!? 皐月賞人気馬を襲う11年続く意外なジンクスとはの画像2
ダノンザキッド

 特に昨年のダノンザキッドは記憶に新しい。

 2010年にホープフルS(G1)に勝ち、ドウデュースと同じく最優秀2歳牡馬に選出され、初戦を弥生賞で好走。万全の態勢で臨んだにもかかわらず、好位追走から全く伸びず、ブービー負けした。管理していた安田隆師が「いい形で行けたのに4角手前から手応えが怪しくなった。敗因はわからない」と首を傾げる、それまでの戦績が嘘みたいな敗戦だった。

JRA武豊ドウデュースに黄色信号!? 皐月賞人気馬を襲う11年続く意外なジンクスとはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  5. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  6. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  7. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  8. JRA「弾けました」低評価を覆す豪脚一閃で先行勢を一掃! 宝塚記念(G1)激走、故・岡田繁幸さん素質見抜いた「逆輸入」種牡馬にブレイクの予感
  9. 池添謙一「圧勝ムード」からノーステッキで逆転負け…「単勝1.8倍」敗戦にファンから疑問の声
  10. JRA宝塚記念(G1)麒麟・川島明が「20万円超」払い戻しで有終の美!ファンからは京都競馬場の「改修工事」に恨み節も!?