NEW

地方の怪物「オグリキヤツプ」が「オグリキャップ」になった日……。噂に違わない強さ「オグリ伝説」の幕開けを改めて振り返る

地方の怪物「オグリキヤツプ」が「オグリキャップ」になった日……。噂に違わない強さ「オグリ伝説」の幕開けを改めて振り返るの画像1

 16日、土曜阪神のメインは、3歳マイル重賞のアーリントンC(G3)が行われる。朝日杯FS(G1)3着馬ダノンスコーピオンを中心に骨っぽいメンバーがそろい、本番のNHKマイルC(G1)へ目が離せない一戦となりそうだ。

 1992年に創設され、今年が31回目というこのレース。タニノギムレットやジャスタウェイといった多くのスターホースが勝ち馬に名を連ねている。

 歴史をひもとくと、87年に創設され91年に廃止されたペガサスS(G3)を前身とする。当時も阪神・芝1600mが舞台で、僅か5回という短命に終わったが、勝ち馬5頭のうち2頭が後にG1馬に輝いた出世レースだった。

 G1馬2頭のうちの1頭は89年の覇者シャダイカグラ。次走の桜花賞(G1)で武豊騎手に初の牝馬クラシック優勝をもたらしたことで知られる名牝だ。そしてその前年、88年のペガサスSを勝利したのがあの“怪物”だった。

 前年に公営・笠松でデビューした当時の馬名は「オグリキヤツプ」。公営競馬では1990年頃まで小文字表記が認められておらず、3歳になってすぐの88年1月に中央へ移籍した際に、名称を読み通りの「オグリキャップ」表記に改めた。

 

ここから始まったオグリキャップの伝説

 

 2歳春のデビューから3歳はじめにかけて、笠松で圧倒的な強さを見せつけたオグリキャップ。12戦10勝の成績を引っさげ、移籍から約1か月後、満を持して中央初戦を迎えた。

 すでに中央ファンからの注目度は高かったオグリキャップ。ところが、中央初戦は1番人気をシンザン記念(G3)勝ち馬で4連勝中だったラガーブラックという馬に譲った。

 オグリキャップの鞍上を務めたのは、当時全国リーディング争いの常連で、3歳秋にかけて主戦を務めた河内洋騎手(現調教師)だった。「オグリ伝説」の幕開けとなったそのレースを改めて振り返ってみたい。

 中継した『関西テレビ』のレース実況を担当したのは、杉本清アナウンサー。レース直前の実況席ではオグリキャップの話題も出たが、あくまでも中心視されていたのはラガーブラックのほうだったという。

 ゲートが開いて、各馬がややばらついたスタートを切った。絶好の飛び出しで、難なく2番手を進んだのはラガーブラックだった。それとは対照的にオグリキャップは行き脚が今一つで、前半は中団後方を進んだ。

 杉本アナが先頭からシンガリまで出走馬全10頭を紹介した頃には、勝負どころの3コーナーに差し掛かっていた。2番手を進んでいたラガーブラックが苦しくなってやや後退。一方で、オグリキャップは大外を通って一気に先団へと押し上げていった。

地方の怪物「オグリキヤツプ」が「オグリキャップ」になった日……。噂に違わない強さ「オグリ伝説」の幕開けを改めて振り返るのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  5. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  6. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  7. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  8. JRA「弾けました」低評価を覆す豪脚一閃で先行勢を一掃! 宝塚記念(G1)激走、故・岡田繁幸さん素質見抜いた「逆輸入」種牡馬にブレイクの予感
  9. 池添謙一「圧勝ムード」からノーステッキで逆転負け…「単勝1.8倍」敗戦にファンから疑問の声
  10. JRA宝塚記念(G1)麒麟・川島明が「20万円超」払い戻しで有終の美!ファンからは京都競馬場の「改修工事」に恨み節も!?