NEW

JRA皐月賞(G1)横山武史キラーアビリティVS武豊ドウデュースはどちらに軍配? 直接対決は勝率100%! ホープフルSと朝日杯FS優勝馬の対戦成績はコチラ

【この記事のキーワード】, ,
JRA皐月賞(G1)横山武史キラーアビリティVS武豊ドウデュースはどちらに軍配? 直接対決は勝率100%! ホープフルSと朝日杯FS優勝馬の対戦成績はコチラの画像1
キラーアビリティ

 今週の皐月賞(G1)は2頭の初対決に注目したい。ホープフルS(G1)の優勝馬キラーアビリティ、そして朝日杯FS(G1)の優勝馬ドウデュースである。

 今年は出走予定馬18頭のうち10頭が重賞馬で、そのうち2頭がG1の勝ち馬と粒ぞろい。弥生賞ディープインパクト記念(G2)のアスクビクターモア、スプリングS(G2)のビーアストニッシド、若葉S(L)のデシエルトといったトライアルレースの勝ち馬。そして主要レースである共同通信杯(G3)のダノンベルーガ、京成杯(G3)のオニャンコポン、東京スポーツ杯2歳S(G2)のイクイノックスも揃っているのだから、まさに豪華絢爛だ。

 過去の皐月賞において、ホープフルSと朝日杯FSの優勝馬が直接対決したことは3回ある。結果は、3回すべてでホープフルSの優勝馬が先着し2勝している。この事実が示すことはひとつしかあるまい。ホープフルSの優勝馬が、朝日杯FSの優勝馬よりも皐月賞では優位ということだ。


ホープフルS馬と朝日杯FS馬の皐月賞成績

2021年
ホープ ダノンザキッド 15着
朝日杯 グレナディアガーズ 不出走

2020年
ホープ コントレイル 1着
朝日杯 サリオス 2着

2019年
ホープ サートゥルナーリア 1着
朝日杯 アドマイヤマーズ 4着

2018年
ホープ タイムフライヤー 10着
朝日杯 ダノンプレミアム 不出走

2017年
ホープ レイデオロ 5着
朝日杯 サトノアレス 11着

2016年
ホープ ハートレー 不出走
朝日杯 リオンディーズ 5着

2015年
ホープ シャイニングレイ 不出走
朝日杯 ダノンプラチナ 11着


 なぜ、こういった成績になるのか。これはホープフルSと朝日杯FSの歴史から読み解くのが分かりやすい。

 

明確になったマイル路線とクラシック路線

 

 朝日杯FSはもともと中山の1600mで行われていた。それが2014年から阪神で行われるようになり、中山で2歳重賞がなくなったことを受け、12月の阪神で行われていたラジオNIKKEI杯2歳S(旧ラジオたんぱ杯2歳S)がホープフルSの名称に替わり、2014年から朝日杯FSと入れ替わるように中山で行われるようになった。

 ホープフルSはラジオNIKKEI杯2歳Sの歴史を引き継いでいることもあり、中山に移行して最初の2014年から第31回で、しかもG3からG2に昇格。その後2017年からG1に格上げされ、一気に2歳路線の最重要レースに位置づけられるようになった。G1昇格後の優勝馬4頭のうち、2019年にはサートゥルナーリア、2020年もコントレイルが皐月賞を勝利している。

 一方でかつてミホノブルボン、ナリタブライアン、ロゴタイプなどの皐月賞馬を輩出した朝日杯FSは、阪神で行われるようになってからパッタリと関連性が止まった。2015年以降5頭の朝日杯FS馬が皐月賞に出走したが、サリオスの2着が最高で、他はすべて4着以下に敗退している。

 この成績からも、ホープフルSのG1格上げに伴い、皐月賞へ向けた朝日杯FSとの差はより鮮明になったと言える。朝日杯FSの優勝馬はマイル寄りのため、中山の2000mを克服するのは容易ではないのだろう。

 その結果、2歳から3歳に向けた牡馬の路線が、マイルと中距離で明確に分かれたと考えられる。つまりNHKマイルC(G1)と皐月賞を目指す馬は朝日杯FSを選び、皐月賞と日本ダービー(G1)を目指す馬はホープフルSを選択するという状況だ。

JRA皐月賞(G1)横山武史キラーアビリティVS武豊ドウデュースはどちらに軍配? 直接対決は勝率100%! ホープフルSと朝日杯FS優勝馬の対戦成績はコチラのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  4. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  5. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  6. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  7. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  8. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  9. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?
  10. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声