NEW

パチスロ「爆裂Ver.に発覚した驚異のセット打法」~4号機名機伝説~ 『ドラゴンエース』編【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.88】

【この記事のキーワード】, , ,

パチスロ「爆裂Ver.に発覚した驚異のセット打法」~4号機名機伝説~ 『ドラゴンエース』編【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.88】の画像1
 1980年、尚球社(現・岡崎産業)とのタッグにより史上初の箱型スロット『パチスロパルサー』をリリースし、我が国の回胴界に一大革命を巻き起こした関西の老舗メーカー、日活興業(現在のネットの前身)。

 同社は1号機の時代になると、山佐との業務提携により『パルサーXX』シリーズを発売。山佐ブランドの『プラネット』とともに、テーブル制御による多種多彩な出目演出で多くのファンを獲得する。

 2-2号機『ビッグバン』からは山佐との提携を解消して独自路線にシフト。続く3号機の時代は、ユニークなモチーフと仕様の『スペースバトル』『スペーススペクター』の2機種をリリースして話題を呼ぶ。

 ところが、世はありとあらゆるパチスロ機が「闇の商人」たちの手によって裏モノと化した狂乱の時代。市場に出た多くが、メーカーの与り知らぬところで凶暴な爆裂バージョンにカスタマイズされてしまうのであった。

 1992年の基板改修・再封印によって裏モノブームは表面上、終息を見せるのだが、4号機の時代に入ってもなお、「闇の商人」たちの暗躍はとどまることなく、再び同社のマシンはその毒牙にかかってしまう。

『ドラゴンエース』

パチスロ「爆裂Ver.に発覚した驚異のセット打法」~4号機名機伝説~ 『ドラゴンエース』編【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.88】の画像2


 1994年春にリリースされた、同社初の4号機『ドラゴンエース』。本来は、きわめてオーソドックスな仕様とスペックを持つ、穏やかで遊べるマシンだったのだが、ホール導入後しばらくすると爆裂化。

 裏モノゆえに様々なバージョンが存在したのだが、とりわけ話題と注目を集めたのが、パチスロ攻略マガジン誌が裏ROMを入手&プログラム解析を行った「綱取りVer.」である。

パチスロ「爆裂Ver.に発覚した驚異のセット打法」~4号機名機伝説~ 『ドラゴンエース』編【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.88】の画像3


 その名のとおりこのバージョンは、当時人気だったパチンコの連チャンデジパチ『綱取物語』を彷彿させる仕様が特徴。現在の滞在モードを参照にボーナス抽選を行い、ビッグ終了後の所定の抽選に当選すれば連チャンが発生する、というのが基本的な流れである。

パチスロ「爆裂Ver.に発覚した驚異のセット打法」~4号機名機伝説~ 『ドラゴンエース』編【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.88】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合