NEW

元JRA藤沢和雄氏「大記録」超えに現実味!? リーディング独走・中内田充正厩舎を“ウマ娘”オーナーが「5.5億円」の強力アシスト!?

【この記事のキーワード】, ,
元JRA藤沢和雄氏「大記録」超えに現実味!? リーディング独走・中内田充正厩舎をウマ娘オーナーが「5.5億円」の強力アシスト!?の画像1
撮影:Ruriko.I

 開業8年目の昨年、54勝を挙げ自身初のリーディングトレーナーに輝いた中内田充正調教師。今年も先週末時点で19勝を挙げ、全国リーディング首位に立っている。

 昨年の流れに乗ったまま、今年は1月に8勝、2月に6勝と圧巻のロケットスタートを決めた。3月は3勝にとどまったが、先週末(9~10日)に2勝して、再び上昇気流に乗ろうとしている。

 仮に3か月半で19勝という現状のペースを維持すれば、年間では68勝に達する。この数字はこの半世紀あまりの中央競馬では「金字塔」と呼べる数字である。

「1970年以降の年間最多勝利記録は、2001年に藤沢和雄厩舎がマークした68勝です。したがって今年の中内田厩舎は、先日引退した名伯楽が自己ベストを叩き出した年に並ぶペースで勝利を重ねていることになります。これは単純にすごいことですよ。奇しくも藤沢先生が引退したその年に68勝を超えるかもしれません。

ただ、順風満帆そうに見える中内田厩舎ですが、課題がないわけではありません。昨年はJRAの重賞を5勝しましたが、今年はいまだ勝利がなく、出走頭数自体ものべ4頭にとどまっています。土曜のアーリントンC(G3)に出走するアスクコンナモンダがのべ5頭目となります」(競馬誌ライター)

 数少ない重賞レースだが、結果もついてきていない。4戦のうち3戦はかつて厩舎のエース格だったヴェロックスだが、いずれも惨敗。残りの1戦は、先月の高松宮記念(G1)に出走したグレナディアガーズで、大外枠に泣き12着に敗れている。

 しかし、中内田厩舎の馬が重賞で結果を出すのも時間の問題だろう。その理由の1つが先週末に勝利を挙げた2頭の存在である。

 京橋S(3勝クラス)を衝撃の末脚で差し切ったプログノーシスと、忘れな草賞(L)を楽勝したアートハウス。どちらも近い将来、大きいところを狙えそうな圧巻のパフォーマンスでの勝利だった。

 さらに中内田厩舎には強力な援軍が加わる予定だという。

 

合計5.5億円「大躍進」藤田晋オーナーの期待馬

 

 “ウマ娘”のオーナーこと藤田晋氏のことだ。初年度の現3歳馬は5頭すべてが勝ち上がり、オーナー歴1年目で重賞制覇(ニュージーランドT)を遂げた強運オーナーである。

「覚えているファンも多いと思いますが、昨年7月のセレクトセールで2日間総額23億円以上の“爆買い”をしたことが話題になりました。1歳馬(現2歳馬)12頭を総額15億円以上で競り落としたのですが、そのうち3億3000万円と2億2000万円の大枚をはたいた“トップ2”を中内田厩舎に預ける予定になっています。どちらもノーザンファームが生産したロードカナロアとエピファネイア産駒で、楽しみな存在です。

藤田氏は、現2歳馬を矢作芳人厩舎や手塚貴久厩舎といった東西の一流トレーナーにも預託する予定ですが、高額馬の2頭を中内田厩舎に預けたというのは非常に興味深いですね」(同)

 もし中内田厩舎が合計5.5億円の2頭を大成させることができれば、今後数年間は藤田氏の強力な後押しを受ける可能性が高まるだろう。そうなれば、年間68勝だけでなく、通算1570勝という藤沢氏の通算記録超えすら視界に入ってくるかもしれない。

(文=中川大河)

<著者プロフィール>
 競馬ブーム真っただ中の1990年代前半に競馬に出会う。ダビスタの影響で血統好きだが、最近は追い切りとパドックを重視。

元JRA藤沢和雄氏「大記録」超えに現実味!? リーディング独走・中内田充正厩舎を“ウマ娘”オーナーが「5.5億円」の強力アシスト!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  2. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  3. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  4. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  5. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA【ラジオNIKKEI賞(G3)予想】サトノヘリオスは危険な人気馬!実績重視で人気薄の穴馬本命で好配当をいただき!
  7. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  8. JRA「大差レコード負け」からジョッキーも信じられない奇跡!? 約2年20戦の時を経て「2着馬」が10馬身差の圧勝でレコード再更新
  9. JRAレシステンシアに起きた元・主戦騎手との「運命」の交差…すれ違いの骨折判明で「最後の秋」の出走は
  10. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦