NEW

パチスロ「ハマリの向こう側」まで追いかけるのは…【濱マモルののほほんコラムVol.144~無駄遣い~】

【この記事のキーワード】, ,

パチスロ「ハマリの向こう側」まで追いかけるのは…【濱マモルののほほんコラムVol.144~無駄遣い~】の画像1

【濱マモルののほほんコラムVol.144~無駄遣い~】

 阪神タイガースが勝てない。

 この原稿を書いている4月15日現在、勝ち数はわずか1。17試合を終えて勝率0割6分3厘は1979年の西武ライオンズを抜いてプロ野球ワーストであり、まさしく泥沼の状態だ。

 とにかく勝ってほしい。翌週には横浜スタジアムで子供たちと観戦する予定だし、それまでにはどうにか調子を取り戻してほしいと虎歴37年のアタシは切に願うばかりだが、その一方で、どうせならば行くとこまで行ってしまえと、どこかで真逆のことを考えている自分がいるのも事実である。

 決して、破滅型なわけではない。むしろ平凡な日常を壊すなんて以ての外、現状維持こそ美徳とする超保守的人間あるが、パチスロでクソ負けした時などにも、その感覚がふいに現れることがある。

もうハマリの向こう側まで追いかけるのは…

 一体、どこまでハマるのか。はたして、どれだけお金がなくなるのか。なぜだか急にどん底を味わいたい衝動にかられ、ひたすら投資しまくることもあるが、もちろん、そんなことは身体にも懐にも良くないことも知っている。

 とある記事によると、お金持ちは節約力に長けているらしい。例えば車の購入時、凡人はどうせ高価な買い物だし、少しの上乗せなど気にしないとばかりに無駄なオプションを付けがちだが、お金持ちはそんなことなどしない。しっかりと自主規制できるだけに、みるみると資産が貯まっていくのだそうだ。

 確かに300万円が305万円になってもさほど変わらないように思えるが、よくよく考えたら5万円はデカい。7万円負けからの追加1万円投資も同様で、庭の土を掘っても1万円など出てこないのだから、クソ負けで妙なテンションになっても一旦深呼吸、心を静めるべきなのである。

 春から息子は中学校へ進学したし、公立とは言え、今後はいろいろとお金がかかる。もうハマリの向こう側まで追いかけるのはやめよう、今日は手堅く遊タイム狙いでもしよう…などと決意しながらATMでお金を引き出そうとしたら、年金や固定資産税などの各種支払いで、そもそも残高が全くないことに気付きました。しばらくは塩でも舐めてます。

(文=濱マモル)
〈著者プロフィール〉
神奈川県横浜市出身。レコード会社勤務の後、フリーライターへ転身。パチンコ・パチスロやギャンブル系を中心に、野球、音楽、街情報など幅広い分野で執筆する。特技は料理と飲酒で、超常現象好き。ドラマーとしての顔も持つ。
Twitter(@hamamamoru777):濱マモル

パチスロ「ハマリの向こう側」まで追いかけるのは…【濱マモルののほほんコラムVol.144~無駄遣い~】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合