NEW

JRA「勝率0%」の衝撃! 武豊とドウデュースの皐月賞(G1)制覇を阻む、2歳王者の“ジンクス”とは

【この記事のキーワード】, ,
JRA「勝率0%」の衝撃! 武豊とドウデュースの皐月賞(G1)制覇を阻む、2歳王者のジンクスとはの画像1
ドウデュース 撮影:Ruriko.I

 17日、中山競馬場では牡馬クラシックの皐月賞(G1)が行われる。

 今年は例年に比べ混戦模様が漂うなか最有力視されているのが、武豊騎手が手綱を取るドウデュース(牡3、栗東・友道康夫厩舎)だ。同馬は、昨年の朝日杯FS(G1)を制した2歳王者だが、仮に同レース勝ち馬が皐月賞で1番人気となれば、2013年のロゴタイプ以来9年ぶりという事になる。

 その朝日杯FS(旧・朝日杯3歳S)といえば、1984年のグレード制導入後にG1に格付けされ、勝ち馬の中には3冠馬ナリタブライアンやグランプリレース3連覇を達成したグラスワンダーなどの名馬を輩出した歴史あるレースだ。

 古くは同レースから皐月賞へ向かう馬も多くいたが、近年では2017年にホープフルSがG1へ格上げされた。それにより、2歳時点でもマイル組とクラシック組の2極化が進み、ホープフルSを使ってきた馬の方が皐月賞で人気を背負うことが多くなった。

 だが、今年は久しぶりに朝日杯勝ち馬が主役を張ることになりそうだ。

 ちなみに朝日杯FSを勝った2歳王者が翌年の皐月賞に挑戦したケースは、1984年から現在まで数えると計23頭にも及ぶのだが、実は“ある条件”で分類すると成績に大きな差が出るのだ。

 

朝日杯FS後、勝つか負けるかは雲泥の差

 

 下の条件別の成績を見ていただきたい。

■朝日杯FS勝利後、皐月賞までの間に「敗戦なし」(直行含む)
「3-1-1-1/6」 勝率50% 複勝率83%
■朝日杯FS勝利後、皐月賞までの間に「敗戦あり」
「0-2-2-13/17」 勝率0% 複勝率24%

 上記の通り、朝日杯FSを勝った2歳王者が、皐月賞までに敗れているかどうかによって、ガラリと成績が変わっている。

「敗戦なし」又は「直行」の場合、ダイシンフブキ(7着)、ミホノブルボン(1着)、ナリタブライアン(1着)、エイシンチャンプ(3着)、ロゴタイプ(1着)、サリオス(2着)の6頭に限られ、馬圏外に敗れたのはわずか1頭のみで、勝率・複勝率ともに素晴らしい好成績をあげている。

 その一方で「敗戦あり」の場合、フサイチリシャール(5着)、ドリームジャーニー(8着)、ローズキングダム(4着)、リオンディーズ(5着)など、多くの名馬達が軒並み敗れているのだ。無論、アイネスフウジン(2着)やセイウンワンダー(3着)など皐月賞で好走した馬もいるが、該当する17頭もの2歳王者が「勝率0%」という成績なのは、俄かに信じ難い不吉なデータといえよう。

 惜しくも2着に敗れた前走の弥生賞ディープインパクト記念(G2)は、本番への叩き台と考えれば結果も内容も決して悪くなかった。だが、不運にも2歳王者の“ジンクス”に該当してしまったドウデュース。

 先日には、陣営が早くも今年の凱旋門賞(G1)に登録するとの報道があり、このプランを受けて主戦の武豊騎手は自身のオフィシャルサイトで「この皐月賞は重要な1戦になります。先々につながるような勝ち方を引き出せれば最高です」と記していたが、果たして結果はどうなるか。

(文=ハイキック熊田)

<著者プロフィール>
ウオッカ全盛期に競馬と出会い、そこからドハマり。10年かけて休日を利用して中央競馬の全ての競馬場を旅打ち達成。馬券は穴馬からの単勝・馬連で勝負。日々データ分析や情報収集を行う「馬券研究」三昧。女性扱いはからっきし下手だが、牝馬限定戦は得意?

JRA「勝率0%」の衝撃! 武豊とドウデュースの皐月賞(G1)制覇を阻む、2歳王者の“ジンクス”とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  5. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  6. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  7. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  8. JRA「弾けました」低評価を覆す豪脚一閃で先行勢を一掃! 宝塚記念(G1)激走、故・岡田繁幸さん素質見抜いた「逆輸入」種牡馬にブレイクの予感
  9. 池添謙一「圧勝ムード」からノーステッキで逆転負け…「単勝1.8倍」敗戦にファンから疑問の声
  10. JRA宝塚記念(G1)麒麟・川島明が「20万円超」払い戻しで有終の美!ファンからは京都競馬場の「改修工事」に恨み節も!?