NEW

JRA【皐月賞(G1)予想】ダノンベルーガ&イクイノックスは「歴史の壁」に沈む!? 意外なデータから浮かび上がった特選穴馬を狙い撃ち!

【この記事のキーワード】, ,

JRA【皐月賞(G1)予想】ダノンベルーガ&イクイノックスは「歴史の壁」に沈む!? 意外なデータから浮かび上がった特選穴馬を狙い撃ち!の画像1

 今回は牡馬クラシック1冠目、皐月賞(G1)を予想していく。

 まずは過去10年、馬券に絡んだ30頭の前走データを見ていくことにしよう。
弥生賞、共同通信杯 各7頭
スプリングS 6頭
若葉S(L) 3頭
ホープフルS 2頭
朝日杯FS、京成杯、きさらぎ賞、アーリントンC、毎日杯 各1頭
となっている。さすがにクラシックということもあって、ほぼ全馬が前走重賞。若葉Sはリステッドではあるがトライアルレースなので、ここを経由してくる馬がいるのも当然と言えば当然。その昔は日本ダービー(G1)に直結していた共同通信杯組が、皐月賞で好成績を収めているのも時代の流れか。

 続いて人気順の成績を見ていく。
1番人気 3-1-1-5
2番人気 2-3-0-5
3番人気 1-2-3-4
4~6番人気 1-2-2-25
7~9番人気 3-2-3-22
10番人気以下 0-0-1-82
となっている。印象より1番人気の成績が思わしくない。2番人気と五分五分といったところで、近5年でも1番人気は2勝、3番人気が2着、3着1回ずつ、2番人気1勝と上位人気がそれほどアテにならない。上位人気がすべて飛んだ17年は3連単106万馬券、18年は37万馬券と荒れており、7~9番人気の中穴以上の馬を吟味する必要があるだろう。

JRA【皐月賞(G1)予想】ダノンベルーガ&イクイノックスは「歴史の壁」に沈む!? 意外なデータから浮かび上がった特選穴馬を狙い撃ち!の画像2
ジオグリフ

 これを踏まえて「◎」は14番ジオグリフとする。

 前走は共同通信杯(G3)。前がしぶとく残った流れで、逃げ馬を交わしたところで勝ち馬に交わされ2着に敗れている。

 前述の通り共同通信杯からの転戦馬はもっとも多く、かつ過去10年で5勝と好相性を見せている。2着からの本番勝利は15年の二冠馬ドゥラメンテが相当するが、ジオグリフも朝日杯FS(G1)こそマイル戦になったが、それ以外は一貫して1800m戦を使ってきたあたり、ドゥラメンテと臨戦過程がよく似ている。加えて、福永祐一騎手が皐月賞と好相性なのも買い要素だ。10年で4回馬券に絡んでおり、一昨年の三冠馬コントレイルでの勝利がある。

 その福永騎手が好感触を掴み、状態の良さを陣営がアピールしていることも心強い。前哨戦の勝ち馬や勝負付けが済んでいない直行組に人気が集まり、実績の割に人気を落としているここが狙い目だ。勝ち負けまである1頭として押さえる。


「○」は13番ビーアストニッシドを挙げる。

 前走はスプリングS(G2)。最内枠を利して逃げを打ち、マイペースの流れを作ってそのまま押し切って勝利した。

 近5年でスプリングSからの転戦馬は2頭馬券に絡んでおり、まずまずの成績を残しているのがポイント。重賞で大崩れしていないところも強調したい。

 未勝利を勝ち上がって京都2歳S(G3)を2着し、3歳初戦のシンザン記念(G3)を4着、共同通信杯を3着と好走を重ねたところでの前走の勝利ということで、実力は世代でも上位。ただ、昨年10月の新馬戦から休みなく使われているので、それがどう出るか懸念される。陣営もここを問題にしており、上がり目が少ないと弱気のコメントだった。

 だが、桜花賞(G1)を勝ったスターズオンアースも新馬戦から休みなく使われての戴冠だったので、案外こういう馬の方が走る傾向にある可能性もある。実績の割に人気がなさそうなので、馬券妙味という意味でも押さえたい1頭だ。

JRA【皐月賞(G1)予想】ダノンベルーガ&イクイノックスは「歴史の壁」に沈む!? 意外なデータから浮かび上がった特選穴馬を狙い撃ち!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  5. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  6. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  7. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  8. JRA「弾けました」低評価を覆す豪脚一閃で先行勢を一掃! 宝塚記念(G1)激走、故・岡田繁幸さん素質見抜いた「逆輸入」種牡馬にブレイクの予感
  9. 池添謙一「圧勝ムード」からノーステッキで逆転負け…「単勝1.8倍」敗戦にファンから疑問の声
  10. JRA宝塚記念(G1)麒麟・川島明が「20万円超」払い戻しで有終の美!ファンからは京都競馬場の「改修工事」に恨み節も!?