NEW

JRA武豊だけが「やらかした」皐月賞の法則!? 驚異の5年連続連対中……日本ダービー「1枠1番」を超える“鉄板ルール”とは

【この記事のキーワード】, ,

JRA武豊だけが「やらかした」皐月賞の法則!? 驚異の5年連続連対中……日本ダービー「1枠1番」を超える鉄板ルールとはの画像1

 17日、中山競馬場で行われる今年の皐月賞(G1)は、近年稀にみる大混戦と言えるのではないでしょうか?

 それも主役級の馬にアクシデントがあっての混戦ではなく、ほぼすべての有力馬がここまで順調に駒を進めてきました。見事抽選を突破して、現地観戦をゲットした皆さんおめでとうございます! こんな贅沢なクラシック開幕戦もそうそうないはずです。明日は少し雨が降るようですが、レースまでもってくれることを祈ってます。

 ですが、その一方で「予想」は本当に難解ですよね……。

 一応、今年は2歳G1馬のドウデュース、キラーアビリティに加え、無敗のイクイノックス、ダノンベルーガの「4強」と言われていますが、若葉S(L)を勝ったデシエルトだって無敗の馬。

 他にも弥生賞ディープインパクト記念(G2)を勝ったアスクビクターモア、スプリングS(G2)を勝ったビーアストニッシド、京成杯(G3)を勝ったオニャンコポンもいますし、私の中では「8強」……。他にもチャンスのある馬がたくさんいますし、買いたい馬が多過ぎて、それこそ“発狂”しそうなのは私だけではないハズです(笑)

 ですが今回は、そんな皆さんに「朗報」をお届けしたく、筆を執らせていただきました。少しでもヒントを得ようと、過去10年の皐月賞の結果とにらめっこして気付いたのです!

「皐月賞って簡単じゃん!」と。

 

皐月賞で5年間、続いていること

 

 皆さんは「枠順」というファクターをどこまで予想に取り入れているでしょうか。有名なところでは、日本ダービー(G1)の1枠1番ですよね。ここ10年を振り返っても、2019年にロジャーバローズが優勝していることを始め、2勝2着2回3着1回と「ダービー1枠1番の法則」は健在。10年中5年で馬券になっているのですから、ダービーは1枠1番から買えばだいたい当たる簡単なレースと言えるでしょう。

 ただ、実は近年の皐月賞は、そんな日本ダービー以上に簡単なレースということを皆さんご存知でしょうか?

 過去10年で3勝2着3回3着1回、連対率60%、3着以内率に至っては70%。それも現在5年連続連対中……。今年まで気付かなかった自分が恥ずかしい!

JRA武豊だけが「やらかした」皐月賞の法則!? 驚異の5年連続連対中……日本ダービー「1枠1番」を超える“鉄板ルール”とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合