NEW

JRA【福島牝馬S(G3)展望】武豊×ルビーカサブランカ「巻き返し」必至! 中山牝馬S(G3)「173万馬券」演出した2頭にも注目

JRA【福島牝馬S(G3)展望】武豊×ルビーカサブランカ「巻き返し」必至! 中山牝馬S(G3)「173万馬券」演出した2頭にも注目の画像1
ルビーカサブランカ 撮影:Ruriko.I

 23日、福島競馬場では牝馬限定重賞の福島牝馬S(G3)が行われる。今年は3月の中山牝馬S(G3)からの転戦組を中心に展開されそうだ。

 その中山牝馬Sで2番人気を裏切り、6着に敗れたルビーカサブランカ(牝5歳、栗東・須貝尚介厩舎)が巻き返しを期して、福島に登場する。

 ユーキャンスマイルの全妹として、もともと期待値は高かったが、能力の開花は重賞初出走となった2走前の愛知杯(G3)だった。昇級初戦かつ初の重賞挑戦で、7番人気という伏兵扱いだったが、直線で内から鋭く伸びて一発回答。遅れてきた素質馬が重賞ウイナーに上り詰めた。

 これまで21戦して、掲示板を外したのは2回だけ。そのうちの1回が、重賞2連勝を狙った前走の中山牝馬Sだった。

 スタートで煽ってしまい、最初のコーナー通過が最後方という絶望的な位置取りだったルビーカサブランカ。向正面から徐々に進出し、直線でもしぶとく伸びたが、6着まで追い上げるのが精いっぱいだった。

 鞍上を務めた武豊騎手の「距離も微妙に短いと思います」というコメント通り、やはり距離は2000m以上あったほうがいいタイプ。それでも適鞍がないため、今回も1800mに矛先を向けてきた。さらに距離が短くなるヴィクトリアマイル(G1)を考えると、ここでメイチとなる可能性もありそうだ。

 そんなルビーカサブランカに対抗するのは、中山牝馬Sで同馬に先着し、三連単173万馬券の立役者となった2頭である。

 前走16着からの巻き返しを最高の形でやってのけたのは、53kgの軽量も味方にブービー15番人気ながら勝利したクリノプレミアム(牝5歳、美浦・伊藤伸一厩舎)だ。

 その中山牝馬Sでは、大外枠の発走から道中は中団を追走。外々を回って徐々に押し上げていくと、ゴール前で5~6頭が横一線に並ぶ大激戦を外から差し切った。

 重賞ウイナーになり、今回は前走から2kg重い55kgを背負うことになるが、馬格のあるタイプ。2勝クラスと3勝クラスは55kgを背負って快勝しており、斤量増を不安視する必要はないだろう。

 福島コースは昨夏以来2度目。前回は同じ芝1800mで2勝クラスを圧勝していて、コース適性も証明済みだ。重賞2連勝を飾って、ヴィクトリアマイルへと駒を進められるか。

 中山牝馬Sでそのクリノプレミアムに半馬身及ばず、2着に敗れたのがアブレイズ(牝5歳、栗東・池江泰寿厩舎)だ。

 5か月ぶりの実戦で、馬体重は「-14kg」とすっきり絞れていたこともよかった。道中は中団前目につけ、直線では外を通って一瞬先頭に立つ場面もあったが、さらに外から差し込んだクリノプレミアムに競り負けた。

 12番人気という低評価を覆しての好走とはいえ、56kg以上を背負った4頭の中で最先着なら高く評価していいだろう。

 前走後は在厩で調整され、1週前追い切りは栗東坂路で51秒5-11秒6の好時計をマークした。特にラスト2ハロンはこの日のベストとなる23秒5。それを加速ラップでまとめており、状態は前走以上といえそうだ。2年前には2戦2勝で迎えたオークス(G1)でも穴人気した素質の持ち主。5歳春に待望の本格化を果たすか。

JRA【福島牝馬S(G3)展望】武豊×ルビーカサブランカ「巻き返し」必至! 中山牝馬S(G3)「173万馬券」演出した2頭にも注目のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合