NEW

JRA【フローラS(G2)展望】桜花賞6着馬VS遅れてきた大物候補! 素質一級品ラスール「ルージュ軍団」2頭など近年屈指のハイレベル!

JRA【フローラS(G2)展望】吉田豊VS吉田隼人「兄弟対決」に武豊が乱入!? 「ルージュ軍団」2頭に素質一級品ラスールなど近年屈指の大激戦!の画像1
パーソナルハイ 撮影:Ruriko.I

 24日、東京競馬場ではオークストライアルのフローラS(G2)が行われる。2枚の“切符”をめぐる一戦を早速展望していこう。

 抽選で滑り込み出走を果たした桜花賞(G1)で、17番人気の低評価を覆し、6着に好走したパーソナルハイ(牝3歳、栗東・矢作芳人厩舎)が中心か。

 逃げるとみられた前走はスタートで行き脚がつかず、中団からの競馬となった。直線を向いて手応え良く伸びかけたが、内にいたピンハイと接触すると、外に弾き飛ばされる大きな不利を受けた。その後もゴール前まで何度か接触を繰り返し、結果は6着で惜しくもオークス(G1)への優先出走権を逃した。

 改めてオークスの権利獲りに挑む今回は、前走から2ハロンの距離延長。これはパーソナルハイにとって大きなプラスとなりそうだ。この距離では未勝利戦で2度走っているが、キラーアビリティの2着と4馬身差の勝利がある。

 一方、ローテーションには不安も残る。2走前のフラワーC(G3)から中2週で桜花賞、さらに今回は中1週での参戦。1か月強の間に3走、しかも2度目の関東遠征は3歳牝馬にとって過酷といえるだろう。

 東京の開幕週は例年通りなら逃げ・先行馬が有利。今度こそ積極策に打って出るか。G1で好走した後だけに人気を集めるのは必至。凡走は許されないだろう。鞍上は引き続き吉田豊騎手が務める。

 武豊騎手はマイシンフォニー(牝3歳、栗東・松永幹夫厩舎)で参戦。ディアデラノビアで勝った05年以来のフローラS制覇を狙う。

 デビュー4戦目までは1600~1800mを使われていたマイシンフォニー。4戦目の1800m戦で初勝利を挙げると、続く前走は一気に距離を短縮し、1400mのフィリーズレビュー(G2)で桜花賞の権利獲りを狙った。ところがスタートが遅く、後方の位置取りから末脚を伸ばしたが、惜しくも4着に終わった。

 直線で大外を回る距離ロスがあったことに加え、やはり距離もこの馬には短すぎた。今回は一気に3ハロン延長するが、課題の折り合いを克服すれば上位争いに加わってくるだろう。

 ドウデュースで牡馬クラシック路線を沸かせている武騎手とキーファーズのコンビは、意外にも牝馬クラシックには出走したことがない。素質馬マイシンフォニーをオークスに送り込むことができるだろうか。

JRA【フローラS(G2)展望】桜花賞6着馬VS遅れてきた大物候補! 素質一級品ラスール「ルージュ軍団」2頭など近年屈指のハイレベル!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合