NEW

JRA【マイラーズC(G2)展望】カラテ中心も「エア軍団」2頭に要警戒、群雄割拠「マイル路線」を象徴する大混戦!

【この記事のキーワード】, ,
JRA【マイラーズC(G2)展望】カラテ中心も「エア軍団」2頭に要警戒、群雄割拠「マイル路線」を象徴する大混戦!の画像1
カラテ 撮影:Ruriko.I

 24日、阪神競馬場ではマイラーズC(G2)が行われる。グランアレグリアが昨年引退し、次代を担うとみられたシュネルマイスターは、3月のドバイターフ(G1)で8着に敗れた。現在のマイル界は群雄割拠の時代に突入。覇権争いは混沌としている。

 今年のマイラーズCはそれを象徴するような大混戦となりそうだが、実績的に一歩リードしているのがカラテ(牡6歳、栗東・辻野泰之厩舎)だろう。

 4歳夏の時点では17戦1勝という平凡な1勝クラスの馬だったカラテ。ブレークのきっかけとなったのが菅原明良騎手とのコンビ結成だった。4歳6月に初コンビで初勝利を挙げて以降、「4-2-1-3」という好相性を誇る。

 昨年の東京新聞杯(G3)で人馬ともに重賞初勝利を飾ると、今年はニューイヤーS(L)1着、東京新聞杯3着、中山記念(G2)2着と安定した走りを続けている。

 前走後は高橋祥泰厩舎が定年によって解散。転厩先となったのは、開業2年目の辻野泰之厩舎だった。

 拠点を美浦から栗東へと移し、迎えるのは初めてとなる阪神競馬場での一戦。昨年は体調が整わずブービー負けを喫した安田記念(G1)に向けて、是が非でも取っておきたいタイトルだろう。

 実績的にはカラテに劣るが、勢いという点では負けていない「エア軍団」の2頭がなんとも不気味だ。

 エアロロノア(牡5歳、栗東・笹田和秀厩舎)は、祖母が秋華賞馬のエアメサイア、その母がオークス(G1)2着のエアデジャヴー。さらに近親には2冠馬エアシャカールや現役で活躍中のエアスピネルがいる。まさに筋金入りの“エア”血統といえるだろう。

 マイラーズCには昨年に続き2度目の出走。1年前は、3連勝中の勢いが評価され1番人気に支持されたが、スタートで後手を踏むと、直線伸びきれず5着に敗れた。

 その後は3走前のリゲルS(L)と前走の六甲S(L)を勝利しているが、2走前の京都金杯(G3)では、やはり1番人気を裏切り6着。重賞の壁が大きく立ちはだかっている形だ。突出した存在がいない今回は、この殻を突き破る絶好のチャンスだろう。

「エア軍団」のもう1頭がエアファンディタ(牡5歳、栗東・池添学厩舎)である。

 同じエア冠名でもこちらは血統表に“エア”が1頭もいないアメリカ生まれの外国産馬だ。ただし父は日本で走っていたハットトリック。2005年にマイルCS(G1)と香港マイル(G1)を連勝した一流マイラーで、引退後はアメリカで種牡馬入りし、海外各地で産駒が活躍している。日本での出世頭がこの馬である。

 同じくアメリカ生まれで2歳上の兄エアアルマス(父マジェスティックウォリアー)は、20年東海S(G2)を制するなど、芝とダートの短距離を中心に活躍。本馬はキャリア14戦中13戦で芝のマイルに特化して使われてきた。

 オープン昇級2戦目となった前走の洛陽S(L)では、実力馬ダーリントンホールをゴール直前で交わして優勝。重賞初挑戦の舞台は走り慣れた阪神芝1600mとなる。父は05年と07年のマイラーズCに出走しているが、いずれも着外に敗れている。父に代わって「三度目の正直」はなるか。

JRA【マイラーズC(G2)展望】カラテ中心も「エア軍団」2頭に要警戒、群雄割拠「マイル路線」を象徴する大混戦!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合