NEW

JRAアーリントンC(G3)吉田隼人「無意味」な33秒3に疑問の声!? ジュンブロッサム「武豊待望論」急騰もNHKマイルC絶望

JRAアーリントンC(G3)吉田隼人「無意味」な33秒3に疑問の声!? ジュンブロッサム「武豊待望論」急騰もNHKマイルC絶望の画像1
ダノンスコーピオン 撮影:Ruriko.I

 16日、阪神競馬場では3歳のマイル重賞・アーリントンC(G3)が開催された。3着以内の馬にNHKマイルC(G1)の優先出走権が付与されるトライアルを制したのは、川田将雅騎手のダノンスコーピオンだった。

「前回はバランスが良くなく、競馬にならなかったのですが、今回は道中のバランスが良く、この馬としてはちゃんとした走りができていました」

 レースをそう振り返った川田騎手もパートナーの復調にまずは一安心か。

 最終追い切り後に川田騎手から「まだ間に合っていない」と危惧する声も出ていた前走の共同通信杯(G3)は、復調途上での出走。実際、レースでも精彩を欠く走りで7着に敗れ、主戦の不安が的中してしまった。

 一時は陣営から春全休という声も出たものの、不振から見事な巻き返しに成功してみせたダノンスコーピオン。実力馬が復調したなら、本番のNHKマイルCでも主役級の期待が持てそうだ。

 これに対し、2番人気で4着に敗れたのがジュンブロッサム(牡3、栗東・友道康夫厩舎)だ。

 

痛恨の4着でNHKマイルCへ赤信号か……

 

 18頭立ての芝1600mのレースを出遅れ気味にスタートすると、道中はほぼ最後方から追走。最後の直線で大外に出されてから、上がり3ハロン33秒3の鬼脚を駆使したものの、脚を余すような格好で惜敗した。

 未勝利勝ちしかないジュンブロッサム陣営にとって、NHKマイルC出走には権利の取れる3着以内が絶対条件。未勝利戦でレコードをマークした東京を舞台に行われる大目標を前に、出走はほぼ絶望的といえる状況となってしまった。

JRAアーリントンC(G3)吉田隼人「無意味」な33秒3に疑問の声!? ジュンブロッサム「武豊待望論」急騰もNHKマイルC絶望の画像2
吉田隼人騎手

「ちょっとマイルでスタートが決まらないと……。多頭数でどんどん前に入られてしまって、促してもついて行けませんでした」

 騎乗した吉田隼人騎手だが、「あの伸びならもう少しポジションが取れていれば……」「ゲートが全てでした」と振り返るのが精一杯だった。

JRAアーリントンC(G3)吉田隼人「無意味」な33秒3に疑問の声!? ジュンブロッサム「武豊待望論」急騰もNHKマイルC絶望のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合