NEW

JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想

【この記事のキーワード】, , ,
JRA皐月賞(G1)武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想の画像1
ドウデュース 撮影:Ruriko.I

 天才は、またも繰り返し、そして敗れた。

 17日、中山競馬場で開催された皐月賞(G1)は、5番人気のジオグリフ(牡3歳、美浦・木村哲也厩舎)が勝利。勝利騎手インタビューで「思い描いていたレースができた」と語った福永祐一騎手のソツのない騎乗が光ったレースだった。

 その一方で、1番人気に推されながらも3着に敗れたドウデュース(牡3歳、栗東・友道康夫厩舎)にとっては、やや悔いの残るレースだったのではないだろうか。

「残念です――」

 ドウデュースを含め、イクイノックス、ダノンベルーガ、キラーアビリティの「4強」と言われながらも、史上稀に見る大混戦だった今年の皐月賞。それでも朝日杯フューチュリティS(G1)を勝った本馬が1番人気に推されたのは、前に行ってよし、後ろからでも良しという、どんな展開にも対応できる自在性が高く評価されたからだ。

 しかし、この「位置取り」を予測できたファンは一体何人いただろうか。

JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合