NEW

パチスロ「シェア奪回を目指し業界最大手が打った奇策」~4号機名機伝説~ 『イヴX』編【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.89】

【この記事のキーワード】, , ,

パチスロ「シェア奪回を目指し業界最大手が打った奇策」~4号機名機伝説~ 『イヴX』編【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.89】の画像1

4号機名機伝説~ 『イヴX』編

 4号機時代の初頭のパチスロ市場は、累計販売台数23万という史上空前のメガヒットを記録した『ニューパルサー』を筆頭に、山佐のマシンが圧倒的なシェアと人気を誇っていた。

 競合他メーカーは、様々な新機軸を盛り込んだマシンを意欲的にリリースするもまったくもって歯が立たず、「4号機パチスロは2種類。ニューパルサーと、それ以外」とさえ言われた。

 そんな情勢に誰よりも地団駄を踏んでいたのは、他でもない。グループ傘下に3ブランドを擁するパチスロ業界最大手メーカーのユニバーサルである。

 1993年春にリリースされた同社初の4号機『トロピカーナ』は、伝統ネーミングを冠した史上初のBタイプということで注目を集めた。

 続いて同年夏には快速集中役「ベルラッシュ」を出玉獲得の主役に据えたA‐C機『ソレックス』を、そして秋には伝説の連チャン機『コンチネンタル』を彷彿とさせる仕様のAタイプ機『オリエンタルⅡ』をリリースするなど、ご自慢の開発力を駆使して矢継ぎ早に新作を市場に送り込んだ。

 しかし、怪物マシン『ニューパルサー』の圧倒的な勢力を前に、いずれのマシンも苦戦を強いられてしまう。

 そもそも、『ニューパルサー』が当時の4号機市場で圧倒的な支持を受けた要因は2つ。打ち手を選ばぬオーソドックスな仕様とスペック、そして「大量リーチ目」である。

 いずれも、1号機の頃から脈々と受け継がれ醸成されてきた、山佐のマシンの伝統。つまりは、「変わらない安心感」がファンに支持されたのである。

 ともかく、『ニューパルサー』のヒットは4号機のひとつの方向性を決定づけたわけで、シェア奪回を目指すユニバーサルも「大量リーチ目」をゲームの主軸に据える方向にシフト。その試金石となったのが、1994年春にメーシー販売からリリースされた『イヴX』である。

『イヴX』

パチスロ「シェア奪回を目指し業界最大手が打った奇策」~4号機名機伝説~ 『イヴX』編【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.89】の画像2


 下パネルには、妖艶な笑みでプレイヤーを誘う女性。そしてリールに描かれたのは「リップ」や「ハイヒール」、「貴婦人」、「バタフライ」、「アイ」といったパチスロでは前例の無い絵柄たち。リリース当初は、ゲーム性云々以前にその奇抜すぎるデザインが話題と注目を集めた。パチスロ「シェア奪回を目指し業界最大手が打った奇策」~4号機名機伝説~ 『イヴX』編【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.89】の画像3

パチスロ「シェア奪回を目指し業界最大手が打った奇策」~4号機名機伝説~ 『イヴX』編【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.89】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合