NEW

パチスロ4号機の名機が甘デジで降臨! 万枚システム「CT」を彷彿させる激熱マシン!!

【この記事のキーワード】, , ,
パチスロ4号機の名機が甘デジで降臨! 万枚システム「CT」を彷彿させる激熱マシン!!の画像1
万枚システム「CT」を彷彿させる激熱マシン『PAでかちりラッシュ』

パチスロ名機を積極的にパチンコ化している大手メーカー

 パチスロの大手メーカー・ユニバーサルエンターテインメントは数々のパチスロをモチーフにしたパチンコ機をリリースしてきた。ただ、その多くはビジュアルやイメージなど、わりと抽象的なものをコンセプトにした。

 しかし『PAでかちりラッシュ』はスペックやゲーム性をパチンコで再現した意欲作となっている。本機のモチーフとなっているのは『アステカ』。パチスロ4号機で活躍した名機だが、そのシステムには「CT」を採用している。

 CTとは「チャレンジタイム」の略で、突入すれば一部リールが無制御状態になり、目押しで小役を揃えられるようになっているのだが、規定の差枚数に到達した場合はCTが終了してしまう。

 そこで、もうひとつの終了条件である規定ゲーム数以内まで規定ギリギリの範囲で差枚数をコントロールしつつ、次のボーナスを狙うという技術力が試される機能となる。

パチンコで爆裂システムを再現した「P-CTスペック」

 技術や目押しの部分は反映できないが、「やしつつ次の大当りを目指す」というゲーム性をパチンコ小当りRUSHで再現。「P-CTスペック」と銘打たれたのが、この『PAでかちりラッシュ』なのである。

 本機は小当りRUSHの突入パターンも特殊で、従来は確変の一部で発動するが、本機では確変突入後に20回転を消化すると小当りRUSHに突入するようになっている。直撃パターンも存在するが、こちらがメインルート。CTの緊張感を擬似体感できるのである。

 完走(20回転消化)の割合は1/3ほどだが、大当りしてもその50%で小当りRUSHに突入する抽選が行われるので期待感は損なわれない。また、RUSH非突入の場合でも引き戻し率の高い50回転の時短で再チャレンジも可能である。

 肝心の出玉性能だが、小当りRUSH(でかちりRUSH)に突入すれば平均で2000発の出玉を期待できる。甘デジながら、ボーナスとCTの連打によって「万枚」も可能な『アステカ』にも引けを取らない迫力ある出玉感となっている。

 本機は設定1と設定6の二段階の大当り設定があるが、設定6なら約73%、設定1でも約70%で小当りRUSHがループしていく(時短引き戻し込み)。大当りも右打ち中は20%が最大出玉の10ラウンド。大きく出玉を稼ぐチャンスである。

 一方、演出面ではパチスロ『アステカ』のファンが泣いて喜ぶものも搭載されている。それはRUSH突入を告知するルーレット演出。これは『アステカ』のCT突入を再現したもので、5ラウンド確変or時短の「CHALLENGE BONUS」の場合はラウンド終了後にランプによって当否が決まるのである。

 シンプルだがその分、突入時の爆裂を夢見る想いが乗っかって非常にアツくなれるランプ演出になっている。

 パチスロCTブームの立役者『アステカ』の遺伝子を内外に継承した『PAでかちりラッシュ』。でかちりの興奮を再び。

(文=大森町男)
<著者プロフィール>
 羽根物によってパチンコの魅力にとり憑かれ、パチンコ雑誌を製作する編集プロダクションに入社。パチンコに関する記事作りや編集業務に携わる。編集長としてファン雑誌の制作に取り組むなどの経験を活かし、その後は携帯サイトやweb、動画コンテンツなど幅広いパチンコメディアに従事。現在はフリーランスのパチンコライターとして活動。パチMaxを中心に消極的に執筆の場を広げている。

【注目記事】
パチスロ「6号機で万枚」を生み出せる激熱システム搭載か!? 一部ホールでしか打てない超レア新台!!
パチンコ最大「約1750発」が高ループする圧巻の出玉性能! ライトミドル×ロングSTの傑作!!
パチスロ「トップライター」が故の苦悩!? 人気絶頂期の裏で起きていた事件とは…

パチスロ4号機の名機が甘デジで降臨! 万枚システム「CT」を彷彿させる激熱マシン!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合