NEW

JRA「禁断の言葉」を残した武豊とC.ルメールの懺悔!? ドウデュースVSジオグリフ2度目の対決…混沌のクラシックで「またやっちまった」の既視感

【この記事のキーワード】, ,
JRA皐月賞(G1)「禁断の言葉」を残した武豊とC.ルメールの懺悔!? ドウデュースVSジオグリフ2度目の対決…混沌のクラシックで「またやっちまった」の既視感の画像1
ジオグリフ 撮影:Ruriko.I

 17日、中山競馬場で開催された第82回皐月賞(G1)を制したのは、C.ルメール騎手から福永祐一騎手へと乗り替わったジオグリフ。1番人気に支持された武豊騎手のドウデュースは3着に敗れた。

 6番人気までが一桁台の単勝オッズとなった今年の皐月賞。人気を集めた各馬に一長一短があり、抜けた存在のいない混戦で明暗を分けたのは、それぞれの騎手の手綱捌きだったといえるだろう。

 優勝したジオグリフの福永騎手は「十分チャンスのある馬だと思っていました」と振り返った一方で、「自分が上手く誘導できれば勝てる」という手応えは掴んでいた。

 当日の中山は内側の芝に傷みもあり、外を通った馬が差し脚を伸ばせる馬場傾向。多少の距離のロスを覚悟してでも、好位から抜け出すソツのない騎乗には、ベテラン騎手の円熟味のある勝負勘が見られた。

 3番人気で2着に敗れたイクイノックスのルメール騎手も、道中の位置取りはジオグリフとほぼ同じ。先に抜け出しながらゴール前で後れを取ったのは、勝負を焦ったことや東京スポーツ杯2歳S(G2)から直行した異例のローテーションの影響も少なからずありそうだ。

JRA皐月賞(G1)「禁断の言葉」を残した武豊とC.ルメールの懺悔!? ドウデュースVSジオグリフ2度目の対決…混沌のクラシックで「またやっちまった」の既視感の画像2
ドウデュース 撮影:Ruriko.I

 好走した2頭に対し、不甲斐ない競馬で3着に敗れたのが昨年の2歳王者である武豊騎手とドウデュースのコンビである。

 トライアルの弥生賞ディープインパクト記念(G2)を取りこぼしたものの、陣営が「何も言うことがない」と言い切るほど盤石の状態だった。G1を勝った実力もあれば、中山芝2000mも経験済みで休み明けの不安もない。極論を言えば、勝ち負けは武豊騎手のエスコート次第といえるほど、不安がなかったということだ。

 にもかかわらず、最後の直線で3番手以内に進出していた馬が5着以内に4頭いた前残り決着で、ドウデュースの位置はまさかの14番手の後方というもの。上がり3ハロン最速となる33秒8の末脚を繰り出したとはいえ、勝負の大勢が決した後でのタイミング。「なぜそこまで下げる必要があったのか」と感じたファンは少なくなかったのではないか。

「ポジションが結果的に後ろだったかもしれません。今日は大事に行きました。もっと流れるかと思ったのですが、流れませんでした」

 レース後に出されたコメントからも、武豊騎手の読み違いが伝わる内容。“負けて強し”の印象こそ残ったが、後方から大外を回しただけの騎乗。こちらについては、元JRA騎手の安藤勝己氏もTwitter で「どうしても大外を回したかったか、距離を懸念して終いだけの競馬をしたかったのか。それにしても後ろからすぎた」と疑問視していた。

 その一方、勝ち馬であるジオグリフも鞍上の位置取りが疑問視されたレースを経験していることを覚えているだろうか。

 これが2度目の対決となったドウデュースとジオグリフだが、両馬が初めて顔を合わせたのは昨年の朝日杯フューチュリティS(G1)である。3番人気のドウデュースに対し、2番人気がジオグリフ。当時、2頭の評価は逆だった。

JRA「禁断の言葉」を残した武豊とC.ルメールの懺悔!? ドウデュースVSジオグリフ2度目の対決…混沌のクラシックで「またやっちまった」の既視感のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合