NEW

爆裂パチスロ『獣王』『サラリーマン金太郎』の乱数方式を採用…名作パチンコ初代を振り返る

【この記事のキーワード】,

爆裂パチスロ『獣王』『サラリーマン金太郎』の乱数方式を採用…名作パチンコ初代を振り返るの画像1

タイアップ機が数多く存在するタツノコプロ作品

 2022年、タツノコプロは60周年を迎える。設立当初から日本のアニメ界を支えブームを巻き起こしてきた同社の作品は、パチンコ・パチスロとタイアップしたものも多く存在する。

 その最初が『ハクション大魔王』、最多シリーズが『ヤッターマン』となろうか。個性的かつ魅力的なタツノコプロコンテンツの魅力は、パチンコというフォーマットでも存分に発揮されたのである。

CRガッチャマン』もそんな一台。初代は2002年に登場。大当り確率が1/318.1のミドルスペックが2タイプ、ともに確変突入率50%の次回ループの王道タイプでリリースされた。

『獣王』『サラリーマン金太郎』の乱数方式を採用

 ただ、内部的には『獣王』や『サラリーマン金太郎』といった爆裂パチスロ機で採用されている「ハード乱数方式」を用いており、従来の1/2ループタイプのパチンコにはない大当りの波を体験できるという触れ込みもあった。

 そんな本機、最大の特徴は液晶上部に搭載された「ガッチャマンランプ」。科学忍者隊5人のメンバーが1コマずつ表示されているこのランプが大活躍。連続予告で順に点灯するなどの役割もあるが、なんといっても一番の見どころは、リーチ演出と連動する「Gフラッシュリーチ」であろう。

 ちなみに、「ガッチャマン」とは科学忍者隊のリーダーのことを指す言葉のようで、つまり「ガッチャマンの5人」という言い方は正確ではないようである。

 ガッチャマンランプがルーレットとして作動。停止するたびに液晶内に結果のランプが表示され、最終的に縦ラインでキャラが揃えば大当りとなる。複数ラインやキャラによる信頼度の変化など、シンプルながらアツいリーチとなっていた。

爆裂パチスロ『獣王』『サラリーマン金太郎』の乱数方式を採用…名作パチンコ初代を振り返るのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合