NEW

子どもで「家スロ」デビューした強者! その名付け親はアノ大御所パチスロライター!?

【この記事のキーワード】,
子どもで「家スロ」デビューした強者! その名付け親はアノ大御所パチスロライター!?の画像1
ユニバーサル系マシンがずらり!

 実にディープな「家スロ・家パチ」の世界。個性的な方達ばかりの家スロマニアですが、今回もまた素敵な方と出会うことができました。今回ご紹介するのは『マニーハニー』(@hyt8810_1103)さんという方です。

『マニーハニー』といえば、知る人ぞ知る今は亡きメーカー・マックスアライドのパチスロ4号機ですが、この名をマニーさんに薦めた方はなんと、元『パチスロ攻略マガジン』の人気ライターで、現在は人気レトロパチスロ系YouTubeチャンネル「ぱち馬鹿っ!!」でも活躍中のBOSSさんなのだそうです。

 マニーさんにとって『マニーハニー』は思い出の機種であり、裏モノというものを初めて認識したマシンでもあることから、BOSSさんのYouTube配信中に本機のことをよく語っていたところ、BOSSさんから「マニーハニーに改名すれば?」と提案され、即座に改名したのだとか。 

子どもの頃に親に内緒で実機を購入!?

 そんなマニーさんの、パチスロとの出会いは中学生の頃。もともと、マニーさんの父は大のパチスロ好きで、自兄に山佐の名機『スーパープラネット』のリーチ目や滑りのことをアツく語るなど、そのパチスロ愛を度々目の当たりにしたことから興味が湧いたとか。ただ、ホールでパチスロを打っていたというわけではなく、家庭用ゲーム機・スーパーファミコンで遊んでいたそうですが……。

 ここからの行動が驚き!ゲームだけでは飽き足らず、パチンコ店に入店できる年齢にはまだほど遠いことから、親に内緒で実機を購入してしまったのです。

 購入先は当時有名だった某パチスロ実機販売店で、電話で現金書留の方法も教えてもらいながら実機を購入したそう。子どもながらに社会勉強をしながらの素晴らしい行動力ではありませんか(笑)。しかし現金書留とは時代を感じますね。 

 ところが、実機が自宅に届くと、ご両親には大目玉を喰らったのだとか。まあ、当然といえば当然かも知れませんね。

 その後は入店可能な年齢になり、無事パチンコ店にてパチスロデビュー。

子どもで「家スロ」デビューした強者! その名付け親はアノ大御所パチスロライター!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合