NEW

JRA武豊ウォーターナビレラ「距離不安」も問題なし!? オークス(G1)で狙える馬と割り引く馬、「超ド級」の惑星は桜花賞ブービー人気

【この記事のキーワード】, ,
JRA武豊ウォーターナビレラ「距離不安」も問題なし!? オークス(G1)で狙える馬と割り引く馬、「超ド級」の惑星は桜花賞ブービー人気の画像1
スターズオンアース

 ナランフレグが波乱の主役を演じた高松宮記念(G1)から始まった今春のG1戦線。続く大阪杯(G1)でも単勝1.5倍の支持を受けたエフフォーリアがまさかの9着に敗れ、初重賞勝利がG1となったポタジェが優勝した。

 そして大きな注目を集めた3歳クラシックもまた春の嵐の洗礼を受けている。桜花賞(G1)を制したのはスターズオンアース、皐月賞(G1)も伏兵のジオグリフが勝利。振り返れば勝ち馬の人気はそれぞれ8番人気→8番人気→7番人気→5番人気という波乱続きで幕を閉じた。

 来月1日に行われる天皇賞・春(G1)から6週連続のG1が控えているものの、とりあえず今週は中休み。少し気が早いかもしれないが、桜花賞の結果を参考にオークス(G1)で狙える馬と割引が必要な馬を確認してみたい。

 今年の桜花賞は波乱に終わったとはいえ、レースのレベルそのものは悪くなかった。この時期になると、世代レベルの指標として古馬の重賞とのタイム差が話題になりやすいが、勝ち時計の1分32秒9(良)は悪くない数字だった。

 対象となるのは、2016年からそれまでの芝1400m条件から芝1600mに変更となった古馬牝馬の重賞・阪神牝馬S(G2)との比較。馬場状態の異なる年を除くと、18年の桜花賞を制したアーモンドアイは1秒7、19年グランアレグリアと昨年のソダシは0秒9上回っていた。これは各馬のスケール感にも通ずるところがありそう。

 ちなみに今年の阪神牝馬Sの勝ち時計は1分32秒8(良)。そういう意味では例年並みの基準をクリアしている印象である。7番人気の馬が勝ったとはいえ、フロックで片付けるには早計だろう。

 では改めて桜花賞の結果を振り返りつつ、オークスでも好走を期待できそうな馬をピックアップしていく。

 1着のスターズオンアースは、桜花賞前まで4戦連続で1番人気だったように、元々評価の高かった馬。惜敗が続いていたとはいえ、川田将雅騎手に「鞍上強化」されたことで結果が追いついた。東京コースもすでに結果を残しており、オークスでも十分に二冠を期待できるだろう。

JRA武豊ウォーターナビレラ「距離不安」も問題なし!? オークス(G1)で狙える馬と割り引く馬、「超ド級」の惑星は桜花賞ブービー人気の画像2
ウォーターナビレラ 撮影:Ruriko.I

 2着に惜敗したウォーターナビレラも距離をこなせる可能性は高い。好位で競馬が出来るセンスと操縦性の高さは安定感に繋がっている。武豊騎手も皐月賞のドウデュースは後ろからの競馬を試みて敗れたが、こちらはおそらく追い込むことはあるまい。この時期の3歳牝馬は距離適性を能力でカバーするケースも多いため、引き続き好戦が期待できそう。

 3着ナムラクレアについては絶好の勝ちパターンに持ち込んだ桜花賞の敗戦は、距離の限界を感じる内容。こちらはオークスよりもNHKマイルC(G1)向きか。

JRA武豊ウォーターナビレラ「距離不安」も問題なし!? オークス(G1)で狙える馬と割り引く馬、「超ド級」の惑星は桜花賞ブービー人気のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合