NEW

【パチスロ実戦】6号機で軽く万枚を達成!有利区間リセットからの引き戻しで大爆発!?

【この記事のキーワード】,

【パチスロ実戦】6号機で軽く万枚を達成!有利区間リセットからの引き戻しで大爆発!?の画像1

パチスロ実戦…有利区間リセットからの引き戻しで大爆発!?

 ひろ吉のパチスロ「実戦」紹介。今回は大人気のシリーズ3作目『絶対衝激Ⅲ』について書いていきたい。

 本機は、純増約2.7枚の「プラトニックBONUS」をループさせて出玉を伸ばしていくタイプ。通常時は心の距離メーター(10個で1周期)を溜めて、CZ「モテ期到来」や前兆「デート」から「バトルBONUS」を目指すゲーム性だ(一部でレア役からの直撃抽選もあり)。

「モテ期到来」は15G間、全役で%の獲得抽選を行い、最終的に溜めた%に応じて「バトルBONUS」の当否をジャッジする。100%を超えた分は「衝激ループ」の抽選となるので、%を大量に溜めても無駄になることはない。

「バトルBONUS」は15G間、レア役でATの抽選を行う。終了後は「絶対領域」に突入し、15G or 30G間で対戦相手と成立役に応じてAT「衝激ループ」の抽選を行っている。消化中はリプレイやレア役で集中状態への移行抽選を行い、集中状態の間はプッチュ目確率がアップしているため勝利に期待ができる。

 AT「衝激ループ」は、ストック&継続率(最大80%)管理で、ストックなしかつ継続抽選に漏れるまでボーナスがループする。「プラトニックBONUS」は30G+α継続し、レア役でストックの抽選を行う。7揃い時はボーナス延長+キャラを獲得。滞在人数がストックの獲得数となるため、複数ストックのチャンスとなる。

 また、本機はボーナスの一部で突入する、平均ストック約9個の「極上プラトニックBONUS」と平均ストック約4個の「極上絶対領域」を搭載。一度突入すれば大量出玉に期待ができるトリガーとなっている。

 AT終了後は引き戻し「コンティニュー(期待度約40%)」に突入し、15Gor30G間、成立役に応じて引き戻しの抽選が行われる。突入時に有利区間がリセットされるため、実質一撃「2400枚over」も可能だ。

 ここまでスペックについて説明してきたので、そろそろ本題の実戦内容を紹介していきたい。

■投資200枚で好スタート。勢いに乗れるか?

 朝一は60Gで1周期目に到達するが当らず、147Gで2回目の「デート」から「バトルBONUS」に当選した。投資200枚とかなり少なく済んだので、ここですんなりATに入ってくれるとありがたい。

「バトルBONUS」からのAT当選はなく、「絶対領域」の対戦相手は一番期待度の低い「雁金 壬羽(かりがね みう)」。かなり厳しい相手であまり期待していなかったが…プッチュ目を2回引き、あっさりと本日初のATをゲットした。

 AT開始後はレア役の引きが悪くストックをできないまま消化していたが、継続抽選でなんとか「プラトニックBONUS」が6連してくれて、約550枚を獲得。もう少し伸ばしたかったが、一発目としては上出来だろう。

【パチスロ実戦】6号機で軽く万枚を達成!有利区間リセットからの引き戻しで大爆発!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合