NEW

JRA天皇賞・春(G1)タイトルホルダーとディープボンドでは決まらない!? 横山武史と川田将雅の「違い」も浮き彫り、繰り返したくないエフフォーリアの悪夢

天皇賞・春(G1)タイトルホルダーとディープボンドでは決まらない!? 横山武史と川田将雅の「違い」も浮き彫り、繰り返したくないエフフォーリアの悪夢の画像1
昨年の菊花賞馬タイトルホルダーは負けられないレース

 今週末の天皇賞・春(G1)から怒涛の6週連続G1開催がスタートする中央競馬。春の最強ステイヤーを決める伝統の長距離G1は、非常に楽しみなメンバーが揃った。

 昨年の菊花賞馬タイトルホルダーは日経賞(G2)を制し、G1初勝利に期待の懸かる横山和生騎手も力が入るだろう。前哨戦の阪神大賞典(G2)を快勝した昨年の2着馬ディープボンドも前年のリベンジに燃えている。

 有力馬がそれぞれ貫録を見せつけた一方、前走のダイヤモンドS(G3)を圧勝し、4連勝でG1に殴り込みをかけるテーオーロイヤルも虎視眈々。おそらくこれら3頭による三つ巴の戦いが濃厚となりそうだ。

 上位人気馬が順調な臨戦過程で臨むだけに、多くのファンが堅い決着になると考えるのは当然のことではあるが、こういった先入観こそが「危険な罠」となるかもしれない。

 なぜなら、この春は高松宮記念、大阪杯、桜花賞、皐月賞といったG1で1番人気馬が悉く馬券圏外に凡走しているからだ。

 昨年末からの“ぶっつけ本番”となったエフフォーリアもレシステンシアもデビュー以来最高体重での出走であり、休み明けの余裕残しの仕上げも敗戦に少なからず影響したと考えられる。こちらについては中間の追い切りや当日のパドックを注視することで、ある程度の見極めも可能だっただろう。

 しかし、順調に前哨戦を勝利した馬が結果を残したのかとなると案外そうでもない。

 今春のG1戦線はステップレースを制した馬が悉く敗退。高松宮記念、大阪杯、桜花賞、皐月賞を優勝した馬には前哨戦を惜敗しているという共通点もあった。「身より実を取る」本番を見据えた競馬で大輪を咲かせることに成功したことを覚えておきたい。

 波乱の続く春G1で特に衝撃的な敗戦といえるのは、単勝1.5倍の断然人気に支持されたエフフォーリアが轟沈した大阪杯だろう。主戦の横山武史騎手は「余力がなかった」、管理する鹿戸雄一調教師も「正直分からない」と揃って首をかしげるほどの惨敗を喫した。

 とはいえ、大本命馬の敗戦にまったく何の前触れもなかった訳ではない。

 この件について非常に興味深い話を聞かせてくれたのが、『ワールド競馬 Web』の担当者だ。彼らはダービージョッキー大西直宏元騎手を筆頭にレジェンドクラスの競馬関係者が集結している競馬情報のプロたちである。

 しかも、予想と分析を担当しているのは、現役時代にレジェンドといわれた競馬界の重鎮クラスばかり。引退後も競馬関係者と親密な関係にあるOBである彼らなら、表に出ないような情報を入手することは造作ないという。

天皇賞・春(G1)タイトルホルダーとディープボンドでは決まらない!? 横山武史と川田将雅の「違い」も浮き彫り、繰り返したくないエフフォーリアの悪夢の画像2
ダービージョッキーならでは鋭い分析が大好評の大西直宏氏

 そこでこちらから取材をお願いしてみたところ、少しだけならという条件付きでOKをもらえたため、大阪杯についてもどういう見立てだったのかを質問してみた。

「最終追い切りで横山武騎手はエフフォーリアの仕上がりを及第点と判断していたようですが、彼はまだ若手で掴み切れなかったということでしょう。調教師は追い切りに騎乗した騎手のコメントを参考にする訳ですから、そのままマスコミに情報が出されたに過ぎません」(ワールド担当者)

 実際に大阪杯の1週前追い切りでは未勝利馬相手に遅れ、本来の動きとは程遠い内容に横山武騎手から「ピリッとしない」と不穏なコメントも出ていたエフフォーリア。最終追い切りではG1・3勝目となった「有馬記念(G1)より上」とジャッジしたものの、結局は不可解な凡走をした。

「結果は皆さんのご存知の通りですが、横山武騎手や鹿戸調教師からすれば、最終的に『大丈夫』としたものの、惨敗してしまったわけですから、今更体調面についてコメントするわけにもいかず『わからない』といった曖昧な答えを出す他なかったのかもしれません」(同)

 たとえ昨年G1を3勝して年度代表馬に選出された名馬でも、実力を発揮できる仕上がりになければ、コロッと負けてしまうのが競馬だというのは誰もが知る事実だ。

 ただ問題なのは、大本命馬のコンディションという極めて重要なファクターが、まるで何事もなかったかのように「問題ない」と刷り込まれていたことだ。競馬関係者ではない一般のメディアは、関係者が「良い」と言えば「良化」を匂わせる報道をするしかない。ただでさえ彼らは、騎手や調教師らとの関係性を気にするあまり否定的な報道は避けがちだ。

 だが、そういった主体性のない情報ばかりが先走りしたことは、エフフォーリアへの過度な期待に繋がり、大阪杯の売上げの半数以上に及ぶ約100億円がハズレ馬券へ化した原因の1つになったといえるだろう。

 似たような話に、今年2月の共同通信杯(G3)で凡走したダノンスコーピオンに対し、追い切りに騎乗した川田将雅騎手から『間に合っていない』とコメントしていたケースもあった。実際に凡走したことで、川田騎手の的確なジャッジが話題となったが、この辺りは横山武騎手と経験の差がそのまま出たといえそうだ。

 川田騎手同様、経験豊富なプロである彼らからすれば、大本命馬に不安のあった大阪杯は、またとないドル箱レースだったということか。

天皇賞・春(G1)タイトルホルダーとディープボンドでは決まらない!? 横山武史と川田将雅の「違い」も浮き彫り、繰り返したくないエフフォーリアの悪夢の画像3
表に出ない情報を最大の武器とするプロならこんな大金もお手の物?

 かといって、一般のメディアしか情報源を持たない我々のようなファンは、それを頼りにするしかない。大阪杯の悲劇を繰り返したくないと思っても、現場の関係者からダイレクトに情報を手に入れられる彼らとは天と地ほどの差がある

 だが、担当者によるとプロの持つ正確な情報に感心させられるばかりだった我々に朗報を用意してくれていたらしい。なんと特別に今週末の天皇賞・春の情報を教えてもらえるというのだ。

「天皇賞・春についてもすでに自信の穴馬をピックアップしていますよ。タイトルホルダーやディープボンドに人気が集まるでしょうが、実力の割に人気の盲点となっているお宝馬を用意しています。

この記事をご覧の方を対象として、【天皇賞・春、絞りに絞った3頭】を特別に無料で提供いたします。本サイトでは天皇賞・春以外のレースでも、人気を集めそうな陣営の『本当の評価』や一般のメディアに出ない『裏話』なども入手していますから楽しみにしてください」(同)

 何といっても「無料」でプロの実力を体験できるというのは夢のような話。波乱の続く春競馬で一発逆転に期待できるまたとないチャンスを逃す手はないはずだ。

CLICK→【無料公開!天皇賞・春、絞りに絞った3頭】ワールド競馬 Web

※本稿はPR記事です。

 

JRA天皇賞・春(G1)タイトルホルダーとディープボンドでは決まらない!? 横山武史と川田将雅の「違い」も浮き彫り、繰り返したくないエフフォーリアの悪夢のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合