NEW

パチンコ「天国モード」は常識外れの爆裂システム!? 怒涛の連チャンを生む“状態”の正体とは!!

【この記事のキーワード】,

パチンコ「天国モード」は常識外れの爆裂システム!?  怒涛の連チャンを生む状態の正体とは!!の画像1

P機版の「天国モード」搭載機が登場

 これまでのパチンコにおける大当りや連チャンモードの枠組みを超越した『Pアレジンプレミアム』。大当りするまでの基本的な流れは、通常モード→天国モード(大当りしやすい)→大当り→超天国準備モード(突破モードのような箇所)→超天国モード(連チャンしやすい)、となっている。

 では、そのシステムはどういうもので、内部的に何が行われているかを紐解いていこう。まず、通常時は1/148という確率で天国モードへ移行する抽選が行われている。

 これはいわゆるC時短、突発時短になる。最近見かける、時短といっても電サポが付かない「チャンスゾーン」と同じような仕組みで、本機の場合はC時短に突入すると普通図柄の確率が約1/22.9に変化。

 これまた最近ではおなじみといっても良い普通図柄を使用した大当り方法を活用したもので、普通図柄を引けば電チューが開き、電チュー入賞すると1/1で大当りに繋がる。

本機には大当り確率が存在しない!?

 つまり、これまでのような「大当り確率」という絶対的な指標が存在しないのである。実質的に大当りを獲得するまでの確率が1/319.6となっているが、この確率で抽選しているわけではない。「大当り」すら過去の概念としてしまったのである。

 さて、「天国モード」ではこの普通図柄の当選を目指すことになるが、通常モードで引いた突発時短には規定回数の振り分けが存在。その振り分けは10~77回転と多彩で、平均すると16回転となるようである。

 当然、長い時短を引くほどチャンスとなるが、その振り分けられた規定回数は表示されないので、打ち手からするとかつてのパチンコにおける”モード”のような曖昧な状況に立たされるといえよう。

パチンコ「天国モード」は常識外れの爆裂システム!? 怒涛の連チャンを生む“状態”の正体とは!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合