NEW

JRA武豊発言「聞き間違い」が発端!? 異例の「謝罪文」掲載に至ったリーチザクラウン“誤報問題”は将来を予告していた?

【この記事のキーワード】, ,

JRA武豊発言「聞き間違い」が発端!? 異例の「謝罪文」掲載に至ったリーチザクラウン誤報問題は将来を予告していた?の画像1

 24日の阪神メインはマイラーズC(G2)が行われる。今年は登録馬15頭中7頭が重賞勝ち馬という楽しみなメンバーがそろった。

 そんな今年を上回る10頭の重賞勝ち馬によって争われたのが12年前の当レースだった。G1勝ち馬も3頭を数えた2010年4月17日に行われたマイラーズC。制したのは安藤勝己騎手(現・競馬評論家)を背に3番人気に推された当時4歳のリーチザクラウンだった。

 前年には、牡馬クラシック三冠を皆勤し、皐月賞(G1)で2番人気、菊花賞(G1)では1番人気に支持された世代屈指の存在だったリーチザクラウン。3歳2月にきさらぎ賞(G3)を圧勝したが、皐月賞は13着に惨敗。ダービーこそロジユニヴァースの2着に入ったが、5着に敗れた菊花賞以降は、ジャパンC(G1)9着、有馬記念(G1)13着と苦しい戦いを強いられていた。

 4歳初戦に選んだフェブラリーS(G1)で10着に敗れると、陣営は芝のマイル路線に矛先を変更。落馬負傷のため休養中だった主戦・武豊騎手から安藤騎手にスイッチし、マイラーズCを迎えた。

 リーチザクラウンにとって、1年4か月ぶりの芝マイル戦だったが、鞍上の好騎乗も手伝って、きさらぎ賞以来となる勝利を飾った。そして、これ以降はマイルを中心に使われていくことになる。

 ただし、次走の安田記念(G1)では1番人気に推されたが14着に大敗。結局、7歳で現役引退するまで、次の勝利を挙げることはできず。結果的にマイラーズCが現役最後の勝利となった。

 父がスペシャルウィークという血統、そしてダービーでも2着に好走しているように、どちらかというと中長距離のイメージが強いリーチザクラウン。しかし、そのイメージとは裏腹に、現役終盤の6歳夏にはCBC賞(G3)など1200mの距離でも走っていた。

JRA武豊発言「聞き間違い」が発端!? 異例の「謝罪文」掲載に至ったリーチザクラウン誤報問題は将来を予告していた?の画像2
武豊騎手

 そんなリーチザクラウンを語るうえで欠かせないエピソードがある。13着に大敗した皐月賞後に武騎手のコメントを掲載したラジオNIKKEIによる“誤報問題”である。当時、同社が掲載した武騎手のレース後コメントがこちらだ。

「描いていた最悪の展開になってしまいました。短い距離で逃げるなら折り合いがつくんですけどね。これで見ていた人も分かると思いますが、長い距離は向かないです」(当時の原文ママ)

 当時、これを見た多くのファンは武騎手の発言に戸惑ったという。これからダービー、菊花賞を目指すリーチザクラウンにとって、2000mは長い距離なのか……と。

JRA武豊発言「聞き間違い」が発端!? 異例の「謝罪文」掲載に至ったリーチザクラウン“誤報問題”は将来を予告していた?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合