NEW

JRA 横山武史「泥沼4連敗」の裏でキャリアハイの絶好調!タイトルホルダーのコンビに「立場逆転」大ブレイクの予感

【この記事のキーワード】, ,
JRA 横山武史「泥沼4連敗」の裏でキャリアハイの絶好調!タイトルホルダーのコンビに「立場逆転」大ブレイクの予感の画像1
横山武史騎手 撮影:Ruriko.I

 高松宮記念から皐月賞まで、4週連続で行われたG1レース。思わぬ伏兵馬の勝利など様々な話題が溢れたが、やはり最大の注目は横山武史騎手の不振であろう。

 4戦いずれもキャロットファームの勝負服を身に纏いG1に臨んだ横山武騎手。高松宮記念、大阪杯、桜花賞ではそれぞれ1番人気に支持され、皐月賞では2歳王者キラーアビリティに騎乗。いずれのレースも勝利を期待される有力馬に跨ったが、勝利はおろか掲示板内にすら1度も食い込むことができず。一か月前には「4週連続の勝利もあり得る」と期待されていたが、真逆の結果となってしまった。

 横山武騎手は昨年重賞9勝を挙げ大ブレイク。その活躍が評価され、勝ち負けを狙える馬への騎乗も急激に増加。今年は昨年以上に騎乗数と馬質に恵まれているはずなのだが、重賞は未だ1勝のみと調子が上がらない。

 重賞騎乗のデータを比べても、昨年は平均人気6.8、勝率15%、単勝回収率100%であったのに対して、今年は平均人気3.9ながら勝率4.5%、単勝回収率10%と格段に数字が悪化。G1での不振に限らず、重賞全体で成績を見ても「大スランプ」に陥っている。

JRA 横山武史「泥沼4連敗」の裏でキャリアハイの絶好調!タイトルホルダーのコンビに「立場逆転」大ブレイクの予感の画像2
横山和生騎手 撮影:Ruriko.I

タイトルホルダーのコンビに「立場逆転」大ブレイクの予感

 そんな横山武騎手の不振の一方で、今年に入り好調なのが兄の横山和生騎手だ。先週は横山武騎手が皐月賞で13着に敗れた裏で、阪神メインのアンタレスS(G3)では横山和騎手騎乗のオメガパフュームが勝利を収めた。

 横山和騎手はこれで今年重賞3勝目。昨年までは通算で重賞3勝、重賞を複数回勝利した年は1度も無く、今年の成績はキャリアハイ。重賞成績に限らず、平場を含めた成績でみても、現在リーディング9位につける好調ぶりである。

 まだ1年の1/3にも満たない現時点で、すでに昨年までのキャリアと同数の重賞を勝利した横山和騎手。このペースで勝利を積み重ねていけば、年間での重賞勝利は9勝も夢ではない。この数字は昨年、弟・横山武騎手がマークした重賞勝利数と同数である。

 横山和生騎手は来週の天皇賞・春(G1)でタイトルホルダーに騎乗予定。今年の天皇賞・春は登録メンバーを見る限り、タイトルホルダーとディープボンドの「一騎打ち」の構図。横山和騎手にとっては、念願のG1タイトル獲得へ大チャンスである。

 昨年は弟の横山武騎手が皐月賞でG1初勝利を挙げたことをきっかけに大きく飛躍した。天皇賞・春でG1制覇を遂げれば、今年は兄の横山和騎手が「大ブレイク」を果たすことになるかもしれない。

 重賞戦線の結果に明暗が分かれた横山兄弟。昨年はまさに「武史の年」であったが、今後の活躍次第で今年は「和生の年」となる可能性も。不振に苦しむ横山武騎手の復調を願うとともに、好調を維持する横山和騎手の飛躍にも期待したい。

(文=エビせんべい佐藤)

<著者プロフィール>

 98年生まれの現役大学院生。競馬好きの父の影響を受け、幼いころから某有名血統予想家の本を読んで育った。幸か不幸か、進学先の近くに競馬場があり、勉強そっちのけで競馬に没頭。当然のごとく留年した。現在は心を入れ替え、勉強も競馬も全力投球。いつの日か馬を買うのが夢。

JRA 横山武史「泥沼4連敗」の裏でキャリアハイの絶好調!タイトルホルダーのコンビに「立場逆転」大ブレイクの予感のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  3. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  4. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  5. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  7. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  8. JRA「弾けました」低評価を覆す豪脚一閃で先行勢を一掃! 宝塚記念(G1)激走、故・岡田繁幸さん素質見抜いた「逆輸入」種牡馬にブレイクの予感
  9. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  10. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?