NEW

JRA矢作芳人「凱旋門賞(G1)制覇」に秘策あり!? エルコンドルパサーが証明、エリシオで勝利したO.ペリエが語った「日本競馬の武器」とは

【この記事のキーワード】, ,

JRA矢作芳人「凱旋門賞(G1)制覇」に秘策あり!? エルコンドルパサーが証明、エリシオで勝利したO.ペリエが語った「日本競馬の武器」とはの画像1

「フランスの競馬に合わせていては勝てない。日本馬が勝つには逃げ切りですよ」

 昨年の米ブリーダーズCを始め、海外の舞台で目覚ましい活躍を見せている矢作芳人調教師。師が『BSイレブン競馬中継』(日本BS放送)のインタビューで、日本競馬の悲願である凱旋門賞(仏G1)を勝つための“秘策”を披露し、逃げ切り勝ちを狙うと宣言した。

 そして先日、矢作厩舎が今年の凱旋門賞にステイフーリッシュ、パンサラッサ、ユニコーンライオンの3頭を登録した事を発表。各馬、国内外の重賞で逃げ切り勝ちの実績を持つ実力馬で、矢作調教師がインタビューで披露した『勝つには逃げ切り勝ち』を実現するには打って付けの面々を揃えた形だ。

 世界最高峰の舞台での逃げ切りは至難の業とも思えるが、過去に凱旋門賞で逃げを打って好走した日本馬として、1999年のエルコンドルパサーを思い浮かべるファンも多いだろう。

 

世界を驚かせたエルコンドルパサーと「逃げ」

 

 それまで凱旋門賞での日本馬は大敗続きで、世界の強豪相手に全く歯が立たない状況であった。しかし、同馬は蛯名正義元騎手を背に、好スタートから終始先頭を走り、最後はゴール直前でモンジューに交わされるも、3着以下には6馬身以上の差をつけて2着と好走。日本馬、そして逃げの作戦が世界で通用する事が証明された一戦でもあった。

 矢作調教師はインタビュー内で、『フランスの競馬はペースがとにかく遅い。日本の馬がそれに合わせてしまっては勝てない』と語っている。海外ではスローペースからのロングスパート勝負が主流だ。ただでさえ背負い慣れていない59.5kg(古馬牡)の斤量を背負い、日本よりも重い芝でのスタミナ比べでは、タフな海外馬に勝つ事は難しい。一方で逃げにこだわる欧州の強豪馬は少なく、日本ほど積極的に前に行く馬は稀だ。

 例えば、1996年にエリシオに騎乗して逃げ切りで凱旋門賞を勝利したO.ペリエは、「日本で騎乗経験がなければ、逃げの作戦を取ることは出来なかった」と述べている。欧州では、ペースメーカーとして格下の馬が逃げることが日常で、時には前に行ったペースメーカーがそのまま先頭でゴールしてしまう波乱も起こる。逆に言えば、それだけ逃げ馬に対する警戒心が低いのだ。

 そう考えるとエルコンドルパサーの凱旋門賞好走や、昨年のフォワ賞(G2)でのディープボンドの逃げ切り勝ちは、まさに欧州競馬のスキをついた作戦ともいえる。

 仮に実力のある日本馬が逃げた場合、海外の他の馬は追いかければ自身のペースを乱し、放っておけば逃げ馬にとってはシメシメといった状況にもなり得る。今回登録された3頭の内、ステイフーリッシュとパンサラッサは海外のレースでも逃げ切り勝ちを収めており、簡単には止まらない事をすでに証明している。実際に出走すれば面白い存在になりそうな事は間違いない。

 矢作調教師が、競馬業界を志した頃からの夢であったと話す凱旋門賞制覇。「世界の矢作」が用意した“三本の矢”が、日本競馬の悲願を果たしてくれるのだろうか。秋が今から待ち遠しい限りだ。

(文=椎名佳祐)

<著者プロフィール>
 ディープインパクトの菊花賞を現地観戦し競馬にのめり込む。馬券はアドマイヤジャパン単勝勝負で直線は卒倒した。平日は地方、週末は中央競馬と競馬漬けの日々を送る。

JRA矢作芳人「凱旋門賞(G1)制覇」に秘策あり!? エルコンドルパサーが証明、エリシオで勝利したO.ペリエが語った「日本競馬の武器」とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  3. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  4. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  5. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  7. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  8. JRA「弾けました」低評価を覆す豪脚一閃で先行勢を一掃! 宝塚記念(G1)激走、故・岡田繁幸さん素質見抜いた「逆輸入」種牡馬にブレイクの予感
  9. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  10. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?