NEW

JRA「短距離血統」「ノド鳴り」ジオグリフの日本ダービー(G1)挑戦は不安しかないのか。ノーザンファーム場長が仄めかした「大逆転の二冠」のシナリオ

JRA「短距離血統」「ノド鳴り」ジオグリフの日本ダービー(G1)挑戦は不安しかないのか。ノーザンファーム天栄が仄めかした「大逆転の二冠」のシナリオの画像1
ジオグリフ

 20日、先日の皐月賞(G1)を制したジオグリフ(牡3歳、美浦・木村哲也厩舎)が、引き続き福永祐一騎手とのコンビで日本ダービー(G1)へ向かうことがわかった。所属するサンデーサラブレッドクラブが公式ホームページで発表している。

 皐月賞馬が日本ダービーへ向かう毎年恒例の既定路線。特に真新しい情報ではないが、やはりこういうニュースを見るとホッとする。これで今年の日本ダービーの盛り上がりも、まずは一安心といえるだろう。

 だが、その一方でジオグリフの2400m挑戦を不安視する声は少なくない。

 

「短距離血統」「ノド鳴り」ジオグリフの日本ダービーは心配?

 

 皐月賞は古くから「はやい馬が勝つ」と言われている。1つは仕上がりが「早い馬」、つまりは現時点での完成度が問われており、もう1つはスピード、つまりは「速い馬」であることもクラシック第1戦を制すための重要な要素だ。

 実際に、古くはジェニュインやダイワメジャーといった皐月賞馬が、古馬になってマイルG1を制覇。最近でもイスラボニータやロゴタイプといったところは、後々マイルで良績を残している。

 2歳時に2000mのホープフルS(G1)ではなく、1600mの朝日杯フューチュリティS(G1)を選択したジオグリフもまた、高いマイル適性を秘めている可能性がある。そして、それは逆に2400mへの対応を不安視させるものだろう。

 その一方で、父がブリーダーズCスプリント(G1)などを勝った「ドレフォンだから」という不安説は、やや短絡的と言わざるを得ない。

 確かにドレフォンは、2016年にエクリプス賞チャンピオンスプリンター牡馬を受賞したほどの超一流の短距離馬だった。しかし、例えばかつて日本で一世を風靡したエンドスウィープは、米国で1400mのG3を勝ち、ブリーダーズCスプリントにも挑戦したほどのスプリンターだ。

 だが、日本ではサウスヴィグラス(JBCスプリント)といった「まさに」という産駒を出した一方、スイープトウショウ(エリザベス女王杯)、アドマイヤムーン(ジャパンC)といった2000m以上のG1馬も輩出している。

 ドレフォンの父ジオポンティはアーリントンミリオン(G1)を勝ち、ドバイワールドC(G1)でも4着した中距離馬。母の父ゴーストザッパーはブリーダーズCクラシック(G1)を制した名馬であり、産駒にもドバイWCを勝ったミスティックガイドがいる。ドレフォンの血統背景は、決してスタミナに乏しいというわけではないのだ。

「ジオグリフの母アロマティコは、エリザベス女王杯や秋華賞(G1)で3着した中距離馬でした。1つ上の兄にはモーリス産駒ながら2000m以上の距離で活躍するアルビージャがおり、血統的にジオグリフが2400mをこなしても何ら不思議はないですね。ドレフォンは昨夏に初年度産駒がデビューしたばかりですし、短距離種牡馬と決めつけてしまうのは早計かと。個人的には、ダービーで人気が落ちるようなら逆に美味しいと思っています」(競馬誌ライター)

 その一方で、距離延長に向けてジオグリフが抱える大きな問題が「ノド鳴り」である。

JRA「短距離血統」「ノド鳴り」ジオグリフの日本ダービー(G1)挑戦は不安しかないのか。ノーザンファーム場長が仄めかした「大逆転の二冠」のシナリオのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  3. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  4. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  5. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  7. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  8. JRA「弾けました」低評価を覆す豪脚一閃で先行勢を一掃! 宝塚記念(G1)激走、故・岡田繁幸さん素質見抜いた「逆輸入」種牡馬にブレイクの予感
  9. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  10. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?