NEW

JRA横山武史「1番人気」裏切りは大井でも……。東京スプリント(G3)「ただただ残念」、“他人事”コメントにメンタルを心配する声も?

【この記事のキーワード】, ,

JRA横山武史「1番人気」裏切りは大井でも……。東京スプリント(G3)「ただただ残念」、他人事コメントにメンタルを心配する声も?の画像1 20日夜、大井競馬場では東京スプリント(G3)が行われた。勝ったのはこれが昇級戦だった4番人気のシャマル(牡4歳、栗東・松下武士厩舎)。道中は好位外目の3番手を追走し、ゴール前で3頭が横一線に並ぶ大激戦を制した。

「ゴールの瞬間は正直分かりませんでした。何とか出ていてくれ、と祈っていました」とコメントしたのは鞍上を務めた川須栄彦騎手。「とにかくシャマルのレースをして、力を出すことを考えていました」と、これまで通り好位からの競馬を貫き、重賞初挑戦での戴冠に喜びを爆発させた。

 そんなシャマルにハナ差及ばず2着に敗れたのが、連覇を狙ったリュウノユキナ(牡7歳、美浦・小野次郎厩舎)だ。

 

またも1番人気で敗戦……横山武史騎手のメンタルが心配?

 

 2番枠から好スタートを決めると、道中は勝ち馬を左斜め前に見る好位インの4番手を進んだ。直線では内を通って鋭く伸び、残り100mあたりで先頭に立つシーンもあったが、外からシャマルに差し返されたところがゴールだった。

「2頭の勝負を分けたのは4コーナーでの攻防だったと思います。シャマルは終始外々を通って、楽な手応えで直線を向きました。一方、リュウノユキナは4コーナー手前で少しごちゃつくところがありました。直線でも鞍上が一瞬、進路取りを迷いましたね。

シャマルと3着馬ギシギシの間にできた狭いスペースを突くという選択肢もありましたが、川須騎手が外からうまく蓋をしたため、鞍上は挟まるリスクを回避し、ギシギシの内に進路を切り替えました。着差がハナ差だけに、このロスがなければ1、2着馬が入れ替わっていてもおかしくありませんでしたね」(競馬誌ライター)

JRA横山武史「1番人気」裏切りは大井でも……。東京スプリント(G3)「ただただ残念」、他人事コメントにメンタルを心配する声も?の画像2
横山武史騎手

 惜敗したリュウノユキナに騎乗していたのは横山武史騎手だ。この春は高松宮記念(G1)を皮切りにG1で人気馬に騎乗するも、ことごとく期待を裏切ってきた。今回も結果的に1番人気に応えられず、中央でのG1連敗という嫌な流れを断ち切ることはできなかった。

 また、レース後に横山武騎手が残したコメントも注目を集めた。

「各スポーツ紙に掲載されたレース後のコメントも『残念。ただただ残念です』というあっさりしたものでした。各ジョッキーが丁寧なコメントを残している中、これだけではどこか他人事にも聞こえてしまいます。やはり春のG1連敗のショックが大きいのでしょうか……。

昨年はG1を5勝して大ブレーク。一流騎手の仲間入りを果たした横山武騎手ですが、まだ23歳の若者ですからね。口数の少ない今回のコメントを見る限り、メンタル面が少し心配になります」(同)

 残念ながら、大井で逆襲の狼煙を上げることはできなかった横山武騎手。今週末は日曜東京のフローラS(G2)で伏兵ゴールデンアワーに騎乗を予定している。23歳に容赦なく襲い掛かる苦難の道。打開できるのは、他の誰でもない本人だけだ。

(文=中川大河)

<著者プロフィール>
 競馬ブーム真っただ中の1990年代前半に競馬に出会う。ダビスタの影響で血統好きだが、最近は追い切りとパドックを重視。

JRA横山武史「1番人気」裏切りは大井でも……。東京スプリント(G3)「ただただ残念」、“他人事”コメントにメンタルを心配する声も?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  3. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  4. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  5. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  7. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  8. JRA「弾けました」低評価を覆す豪脚一閃で先行勢を一掃! 宝塚記念(G1)激走、故・岡田繁幸さん素質見抜いた「逆輸入」種牡馬にブレイクの予感
  9. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  10. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?