NEW

パチンコ「5倍ハマり」で満身創痍…甘デジの恐ろしさを垣間見た実戦!!

【この記事のキーワード】,

パチンコ「5倍ハマり」で満身創痍…甘デジの恐ろしさを垣間見た実戦!!の画像1

第95回「甘デジ10万発の野望」

 気がつけばゴールデンウィークが目の前に迫ってきている。最近とくに時の流れが早く感じられる。少しの間ぼぉーとしていたかと思ったら時計を見るともう数時間が経過しているのである。

 地球規模で襲ってくる環境問題の陰に隠れ、じつは時間が早く流れているといったことは考えられないだろうか。地軸が傾いて自転のスピードが増しているとか。これはパチンコの出玉スピードが速くなっていることと無関係ではないはずである。

 それなのに、甘デジ10万発の出玉増加速度が全然勢いを増さないのはどういった理由からであろうか。むしろ減らしている現状を打破すべく、今回最初に打つ台は『PモンキーターンV GC250A』。ボートも出玉もぶっちぎりである。

 もちろん初当りもなるべく早くほしいのだが、いきなり100回転オーバーのハマリを喰らう。非常に個人的な感想になるが、大当り確率が1/89.9の甘デジほど私はハマる。なんでやねん。

 結果、初当りまで150回転を費やした。このパターンだと「チャレンジモード」で突破できないなと諦めモードに突入。アイコンは青1個だし、対戦相手は洞口だしで、いいところなし。

 なのに、なぜか勝利したのである。やる前に負けること考えるバカいるかよとビンタを喰らった気分。そう、諦めたらそこで試合終了ですよ!と奮起したら次のターンで勝負に負けてRUSH終了。逆張りがすぎる展開である。

更なる高ループ機をチョイス

 80%が引けないならもっとループ率の高い機種を打てばいいじゃない。次に挑んだのは『P新鬼武者 DAWN OF DREAMS 甘デジ』。90%STで鬼連チャンさせるドーン。

 またしても軽く100回転を超えたものの、すぐに初当りを引けた。この機種は青天井なのでどこまでハマるかビビらないでもなかったが、時短50回の「鬼チャレンジ」で引き戻しを最高させる好展開。大チャンスである。

 しかし、このRUSHは7連チャンという中途半端なもので終わってしまう。これなら単発で終わったほうが出玉は増えないが文字数は稼げたではないか。そんな出玉の収支はほとんど行って来い。

 現代のような高度な情報社会では「知られないことは存在しないことと同義」だと言われるが、良くも悪くもないこの実戦内容は打ってないのと同じである。

パチンコ「5倍ハマり」で満身創痍…甘デジの恐ろしさを垣間見た実戦!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合