NEW

JRA「エア軍団」が米クラシック挑戦!? エアグルーヴ、エアシャカール、エアジハードらを誇る名門がケンタッキーオークス(G1)有力候補に

 中心は昨年、エクリプス賞2歳牝馬チャンピオンを受賞したエコーズールーだ。

 ここまで5戦5勝の無敗でありながら、昨秋の米ブリーダーズCジュベナイルフィリーズ(G1)を含むG1・3勝と、その“中身”も超一流。それもデビュー4連勝の合計着差は約22馬身と、まさに絶対的な存在だ。

 しかし、年明け初戦となった前走のフェアグラウンズオークス(G2)では、勝つには勝ったが2着馬にハナ差まで追い詰められた。米国には3歳春でピークアウトしてしまう“超”早熟馬も珍しくなく、ケンタッキーオークスの主役の座も危うくなっている印象だ。

 その一方、3連勝で2歳女王に肉薄してきたのがネストだ。

 ドゥモアゼルS(G2)を勝ったもののクビ差の辛勝と、2歳時はそこまで目立った存在ではなかった。しかし、年明け初戦のリステッド競走を6馬身差で圧勝すると、前走のアシュランドS(G1)では8馬身1/4差という圧巻の内容でG1初制覇を飾っている。

 ケンタッキーオークスの下馬評でも、エコーズールーと並ぶ「2強」と評されており、一騎打ちムードも漂っているようだ。

 ユウギリの評価はこの2頭の1つ下のグループになるが、クラシック初戦だけに初対戦の馬も多い。勝負が下駄を履くまで分からないことは、今年の桜花賞(G1)や皐月賞(G1)の結果を見れば明らかだ。

 なおレースは、『グリーンチャンネル』の方で、ケンタッキーダービー中継時に録画放映されるそうだ。1競馬ファンとして日本のクラウンプライドと合わせて「エア・ユウギリ」を応援したい。

(文=大村克之)

<著者プロフィール>
 稀代の逃亡者サイレンススズカに感銘を受け、競馬の世界にのめり込む。武豊騎手の逃げ馬がいれば、人気度外視で馬券購入。好きな馬は当然キタサンブラック、エイシンヒカリ、渋いところでトウケイヘイロー。週末36レース参加の皆勤賞を続けてきたが、最近は「ウマ娘」に入れ込んで失速気味の編集部所属ライター。

JRA「エア軍団」が米クラシック挑戦!? エアグルーヴ、エアシャカール、エアジハードらを誇る名門がケンタッキーオークス(G1)有力候補にのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合