NEW

【パチンコ実戦】右打ち突入率は「1/99」新感覚のネオ甘デジマシンに挑むも…祭で散財した気分に!?

【この記事のキーワード】,

【パチンコ実戦】右打ち突入率は「1/99」新感覚のネオ甘デジマシンに挑むも…祭で散財した気分に!?の画像1

 今年はコロナ関連で延期・中止されていた「お祭り」が日本各地で開催されるという。地球の裏側でもリオのカーニバルが2年ぶりに開催されたそうだ。以前のような頻度で開催することはまだ難しいのだろうが、機会があれば私も国内のお祭りを見に行きたいと思っている。

 というわけで、今回はそんな“お祭り”をモチーフとした『P満開まつりGO』(豊丸)を実戦してきた。本機は全国チェーン展開をしている株式会社ダイナムが独自開発した完全オリジナル機、いわゆる「PB機」である。まずはスペックを紹介したいと思う。

■大当り確率(通常時):1/199.8(設定1) ~ 1/173.4(設定6)
■大当り確率(確変時):1/95.8(設定1) ~ 1/83.2(設定6)
■確変突入率:0%(特図1)、100%(特図2)、100回まで
■電サポ回数:40 or 80 or 100 or 10000回
■突然時短:特定図柄時短停止後80回転
■賞球数:1 & 1 & 6 & 13
■ラウンド数:2 or 10(8カウント)
■出玉:約200 ~ 1000個

〇〇〇
 スペックはC時短(設定1で約1/199)を搭載したライトミドルタイプで、その合算確率は約1/99(設定1)と新感覚のネオ甘デジタイプとなっている。また、右打ち中の大当りはオール10Rということで、まとまった出玉獲得も十分に期待できる仕上りだ。

右打ち突入確率は“甘デジ”スペックなのだが…

 確変突入へのルートは「初当り→時短40回→大当り→確変」と「初当り→時短10000回→大当り→確変」と「突然時短→時短80回→大当り→確変」の3パターン。なお、初当りで約15%は時短10000回が付与される10R通常となり、この時点で実質次回大当り+確変が濃厚となる。

 打ち始めは0回転から。右打ち突入確率は約1/99なので、早めに当りを引いて仕留めたいところだが、100回転を超えても保留変化は青しかこないし、SPリーチへの発展もない。

 初のSPリーチとなったのは117回転目。強風で図柄を進める “巨大扇風機リーチ”へ発展したが、残念ながらハズレてしまった。扇風機が赤色だったので少し期待したが、どうやらこれはデフォルトのようだ。

【パチンコ実戦】右打ち突入率は「1/99」新感覚のネオ甘デジマシンに挑むも…祭で散財した気分に!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合