NEW

パチンコ業界の大御所が「広告宣伝の見直し」について言及。健全化の第一歩なわけだが…

【この記事のキーワード】, ,

パチンコ業界の大御所が「広告宣伝の見直し」について言及。健全化の第一歩なわけだが…の画像1

業界で問題視されている「晒し屋」

 脱法告知がはびこる現状を改善しようと、業界団体の「MIRAIぱちんこ産業連盟」は広告宣伝の見直しに対して試案を作成。その試案がホール4団体と合意されそうで、「これを持って警察庁と折衝が始まるのでは?」といった情報が流れているそうだ。

 業界のご意見番・大崎一万発氏は、主宰するYouTubeチャンネル「まんぱつ」内の動画「【PAA】マジメに話しますので冒頭の事は忘れて下さい」にて、「この県ではこれが良いけど、こっちは全然ダメ」といった現状は「混乱の極み」と表現。

 そんな中、「もうそんな決まり事なんて知ったこっちゃない」と判断した業者や演者が「すり抜けで告知している」とし、それが「Twitter上でまとめられたりしてワーワーなってるのはよろしくない」と続けた。

 よって、これが整理されれば「(ホールは)皆スッキリと、堂々とイベントができる」と大崎氏。客としても「公の発信を得て打ちに行ける」とし、大崎氏自身としても「仕事として承って告知できる」ことは「非常に望ましい」と述べた。

「晒し屋」の告知は無くならない!?

 一方で大崎氏は、いわゆる「晒し屋」による告知は「無くならないのでは?」との見解も示している。その詳細は動画でご覧いただきたいが、今のホールへの商材は「これだけの晒し屋さんがこういう風に拡散します」といった内容が「セットになってる」ケースがほとんどとコメント。ここでの線引きが「(試案では)一向に見えてこない」のだそうだ。

 それ故、ガイドラインが完成しても晒し屋について一切触れていなかったとしたら、「変える気がないんだな」と判断するとのこと。「お客として打ちに行くときの目安」として大崎氏自身も「晒し屋は否定しない」そうだが、建前的に健全化を打ち出すのであれば、「そこに触れないまま打ち出したら、納得感的には『うーん』って思っちゃう」とした。

 そもそもパチンコは、立ち位置として「微妙なグレーのライン」で長らく存続してきた産業だ。今回の件は、それを世の中の風潮やインターネット時代に合わせて「ハッキリしていかなきゃいけないよねという所での健全化の第一歩」なわけだが…。

 大崎氏は「そもそもの成り立ちとして、できないよねっていう所はある」とコメント。「ちょっと黒い部分を垣間見られたりするから刺激的」としつつも、今後の進展については各人各様の価値観が絡み合う中で「それを1つにまとめる作業は誰がリーダーシップを取るのか」「どこに落ち着くのか」と非常に興味を持っている様子だった。

【注目記事】
パチンコ実戦「継続80%×ALL1500発」遊タイムから一撃万発! 食うか食われるか“深淵の怪物”にリベンジ成功
パチンコ遊タイム到達でまさかの「エラー発生」…電源オフから驚愕の展開が!?
パチンコ業界「初の試み」に大きな反響…新しい可能性を求めた行動に注目

パチンコ業界の大御所が「広告宣伝の見直し」について言及。健全化の第一歩なわけだが…のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合