NEW

【パチスロ5号機回想】ヒキ次第では200枚以上の差が!? 闘魂遺伝子を継承した5号機初期のタイアップ機

【パチスロ5号機回想】ヒキ次第では200枚以上の差が!? 闘魂遺伝子を継承した5号機初期のタイアップ機の画像1

 4号機時代に華々しく登場し、ホールを盛り上げた『アントニオ猪木』シリーズ。その闘魂遺伝子を色濃く受け継いだ5号機時代初期の名機といえば、多くのファンはHEIWA BROSの『新日本プロレスまでもがパチスロ機』を思い出すことであろう。

ヒキ次第で獲得枚数が大きく変化するチャレンジボーナス搭載

 アントニオ猪木が創設し、「ストロングスタイル」と銘打たれたファイトスタイルを掲げるプロレス団体とタッグを組んだ本機は、ビッグ、REG、チャレンジボーナスと3種類のボーナスを搭載。ビッグは345枚(純増約310枚)、REGは104枚(純増約100枚)の規定払い出し枚数到達で終了を迎える一方、チャレンジボーナスは規定払い出し枚数到達に加えて、シングルボーナス成立も終了条件となる。

 よって、チャレンジボーナスはヒキで獲得枚数が大きく変化。最大純増は約221枚なのに対して、タイミング次第では獲得枚数「0枚」で終了してしまうケースもあるというわけだ。

 シングルボーナス成立時は液晶画面上で「蝶野正洋」がケンカキック。肝心のシングルボーナス確率は設定1:15.97分の1~設定6:21.46分の1と設定に準じて低くなることから、高設定ほど完走しやすいといった特徴がある。

 また、本機は全ボーナス終了後に60GのRTへ突入し、この間はリプレイ確率が設定1:3.10分の1~設定6:3.35分の1までアップ。結果的に、コインをさほど減らすことなく次回ボーナス抽選を受けることができる。

 RT中は選択した正規軍とヒール軍とのバトルが繰り広げられ、基本的にゲーム数を消化するほど大技が出やすい仕組み。早い段階での大技炸裂は大チャンス到来で、最終的にギブアップorスリーカウントを奪えばボーナスが約束される。

中押しで成立小役を察知

 もちろん、5号機お馴染みである小役とボーナスとの同時成立もあり、チェリー・スイカ・1枚役A成立時はボーナス重複に期待。とりわけ1枚役は期待度が高く、成立時の約2回に1回の割合でボーナスへと結び付く。

 これら小役を迅速に察知するためには、まず左リール枠内にBAR絵柄の下にあるチェリーを狙い、上段までスイカを引き込んだら残りリールにもスイカを目押しすればOK。この手順でAorBと2種類ある1枚役のフォローは不可能だが、いずれかが成立した場合は『アントニオ猪木』シリーズを彷彿とさせるチャンス目が停止する。

 より正確に成立役を見極めたいプレイヤーには中押し手順がオススメで、まず中リール枠上or上段にシンボル絵柄を目押し。中段スイカ停止時はスイカ、同ベル停止時はベルorシングルボーナスor通常出目、同シンボル絵柄停止時はチェリーor1枚役Aor1枚役Borボーナスとなるので、残りリールを打ち分けることで設定差のあるシングルボーナスをカウントできる。

【注目記事】
【パチンコ実戦】右打ち突入率は「1/99」新感覚のネオ甘デジマシンに挑むも…祭で散財した気分に!? 
パチンコ業界の大御所が「広告宣伝の見直し」について言及。健全化の第一歩なわけだが…
【パチスロ実戦】6号機で軽く万枚を達成!有利区間リセットからの引き戻しで大爆発!?

【パチスロ5号機回想】ヒキ次第では200枚以上の差が!? 闘魂遺伝子を継承した5号機初期のタイアップ機のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合